堂本光一、念願のSQUARE ENIXとのコラボに喜び 「盛大な職権乱用」

堂本光一、念願のSQUARE ENIXとのコラボに喜び 「盛大な職権乱用」

 2021年4月24日、東京都内にて「堂本光一×SQUARE ENIX V Short Movie 完全版発表会」が開催され、堂本光一とSQUARE ENIX・映像ディレクター野末武志氏が登壇した。

KOICHI DOMOTO V Short Movie -Opening- from「PLAYFUL」

 6月2日にリリースされる、堂本にとって6年ぶり5枚目のソロアルバム『PLAYFUL』。同作収録のインストゥルメンタル曲「Ⅴ」(読み:ファイブ)、そして初回盤Aに収録される「Ⅴ Short Movie」において、SQUARE ENIXイメージ・スタジオ部、サウンド部とのコラボレーションが実現した。同社グループ史上、外部アーティストアルバム作品へのビジュアル・楽曲・映像と全てへの企画参加は、今回が初めてのことだ。

 「Ⅴ Short Movie」は、堂本自身のモーションキャプチャを含む実写とフルCGをハイブリッドして制作され、アルバムジャケットやキービジュアルとしても採用されている。野末氏は、本作の映像プロデュース及び制作に携わった。

 堂本は、6年ぶりのソロアルバムリリースについて「“あぁ、そんなに出してなかったんだ”という感覚」と率直に表現しながらも「ファンの方をお待たせしてしまった」と語った。本来であれば昨年発表する予定だった本作。時勢もあり、1年遅れてのリリースとなったことについては、その時間を通しさらに作品をブラッシュアップしてくれたというSQUARE ENIXへの感謝と、ようやく世に届けられる喜びを述べた。

 イベントでは「Ⅴ Short Movie」のメイキング映像と完全版の放映、堂本と野末氏のトークセッションが行われた。『ファイナルファンタジー』『ドラゴンクエスト』シリーズをはじめ、幅広い分野で独自のエンターテインメントを開拓してきたSQUARE ENIX。今回の縁は、堂本が長きにわたり同社の作品を愛してきたことから繋がった。その世界観に飛び込むことは、喜びでもあり緊張でもあったという。

 野末氏によれば、堂本の『ファイナルファンタジー』好きは社内でも有名だったそうで、堂本は今回のコラボレーションを「盛大な職権乱用」と表現。自身がもっとも好きだという同シリーズⅪを累計900日以上プレイしたエピソードや、“廃人”と称する当時の生活を明かした。堂本のゲーム愛を聞いた野末氏は「逆についていけるか不安だった」という。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる