ジェジュン、バラエティ通じて見せる飾らない姿とキュートな人柄

 歌手・ジェジュンが、3月29日よりBSスカパー!で冠番組『ジェジュンJ!』をスタートさせる。Joy(楽しむ)・Join(参加する)・Journey(旅する)・Job(働く)など、「J」をテーマに、日本と韓国にまつわる様々なことに触れていく……というリアルバラエティ番組だ。第1回放送では、昨年、デビュー4年目にして「Daisy」で念願の音楽番組1位を獲得したPENTAGONの日本人メンバー・YUTO(ユウト)をゲストに迎え、伝統家屋の立ち並ぶ韓屋(ハノク)村の北村(プチョン)から延南洞(ヨンナムドン)、弘大(ホンデ)を散策しながらグルメを楽しんだり、オリジナルアイテムの製作に挑戦するという。これを機に、ジェジュンの歌手以外の顔を振り返ってみよう。

『BREAKING DAWN (Japanese Ver.) Produced by HYDE』(通常盤)
『BREAKING DAWN (Japanese Ver.) Produced by HYDE』(通常盤)

 2013年からソロ歌手として活動していたジェジュンが兵役を経て、日本で本格的な活動を開始したのは2018年。堪能な日本語を武器に攻め入ったのは、バラエティ番組。その第一歩になったのが同年3月出演した『痛快TVスカッとジャパン2時間SP』(フジテレビ系)の再現ドラマだった。店員の“神対応”を描くショートドラマ「神店員スカッと」で、爽やかで客思いのコンビニ店員・ケイン神山と、母と子のハートを奪うパティシエ・クリス三上の二役を演じたが、日本のバラエティ番組出演が約9年ぶりということもあり、待ちわびていたファンのつぶやきで「ジェジュン」がTwitterのトレンドワード1位となった。

 その後もたびたび『痛快TVスカッとジャパン』に出演。2020年2月放送の『スカッとジャパン特別版! 内村のアナタこんな人だったのね大賞』には、スタジオゲストとして登場し、デビュー前の高校1年生の時に、街頭インタビューに答えていたお宝映像を公開。「大学生になったらやりたいことは?」と聞かれて、彼女の肩を抱きながら「クラブに行きたい」と言っていたジェジュンを見て、お笑いコンビ・千鳥のノブが「ガチ彼女?」と反応。するとジェジュンは恥ずかしがって顔を隠しながらも「ナンパされて付き合い始めた」というなれそめまで告白した。

 ユーモアを交えた巧みなトークはもちろんだが、聞かれたことには答えてしまう、こういうノーガードなところがジェジュンの魅力のひとつだ。

 2018年に出演した『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の「本音でハシゴ酒」コーナーでは、ダウンタウンと坂上忍とのほろ酔いトークで、「日本で有名な女優さんと付き合っていたけれど、彼女が別の男性有名人と週刊誌に写真を撮られた」と二股をかけられていたことを激白。さらには、韓国でも付き合っていた女優が別の男性と写真を撮られて破局したというエピソードもあけすけに語られた。

 バラエティ番組では自宅も公開したが、その豪華さも話題に。マンションの最上階2フロア、320平米という豪邸は、白を基調とした、まるで美術館のようなスタイリッシュさ。『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で自宅公開をする前に、同番組に出演経験のある友人、チャン・グンソクに相談したところ「すべてを見せれば視聴率が上がる」とアドバイスされ公開を決心したそうだが、番組が放送された後にジェジュンのInstagramフォロワーが1万5000人も減ってしまい「グンソクのアドバイスは、もう2度ときかない!」とスネて笑いを誘うという場面もあった。日本活動開始を機に日本にも居を構え、2匹のベンガルネコ、ネネとココと暮らしていたが、コロナ禍で久しく会えていないのは寂しいのではないだろうか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる