aiko、あいみょん、藤井風……SSWを支える名アレンジャーたちの手腕

ボーカルを際立たせて曲の魅力を最大限に引き出すトオミヨウ

あいみょん『おいしいパスタがあると聞いて』(通常盤)
あいみょん『おいしいパスタがあると聞いて』(通常盤)

 ここ最近、あいみょんとaikoのどちらにもアレンジで参加しているのがトオミヨウだ。昨年あいみょんがリリースしたシングル曲「裸の心」は、本来アルバム収録曲の予定だったらしいが、彼から上がってきたアレンジを聴いたあいみょんが涙が出るほど感動し、すぐにスタッフに相談してシングルに変更したという。そしてaikoもまた彼の手腕に魅かれた一人。昨年「青空」で彼とタッグを組んだ際に、渡されたアレンジを気に入り、そのまま湯船に浸かりながら何度も聴き返したのだとか。彼の腕が2人から絶大な信頼を得ているのがうかがえる。

 トオミヨウのアレンジはシンプルなものが多い。普遍的で、聴き手を選ばない。そして何よりも、歌を邪魔しない。歌が主役であることが大前提としてあり、その上で曲の世界観を肉付けしている。たとえば、最近彼がアレンジに参加した楽曲で印象深かったのが秦基博の「泣き笑いのエピソード」(NHK連続テレビ小説『おちょやん』主題歌)だ。メロディが際立つ素朴なアレンジによって、歌がスッと毎朝の身体に馴染んでくる。もう一つ挙げておきたいのが、フジファブリックの新アルバム『I Love You』収録の「あなたの知らない僕がいるfeat.秦 基博」である。シンプルなピアノの伴奏から始まり、徐々にストリングスが合流することで、ボーカルの歌声がストレートに耳に届きつつ、楽曲全体としてはドラマチックに盛り上がっていく。そもそもこの曲自体も素晴らしいが、その魅力を最大限に活かすアレンジだと感じる。

フジファブリック 『あなたの知らない僕がいる feat.秦 基博』

様々な音楽を取り入れて幅広い世代を虜にするYaffle

藤井風『HELP EVER HURT NEVER』
藤井風『HELP EVER HURT NEVER』

 昨年から今年にかけて大きな注目を浴びている岡山県出身のシンガーソングライター藤井風。彼のサウンド面を支えているのがYaffleだ。小袋成彬、iri、SIRUPといった新進気鋭のアーティストたちの作品も手掛ける彼は、様々な音楽を取り入れて幅広い世代を虜にしている。たとえば、「キリがないから」(以下『HELP EVER HURT NEVER』収録曲)では現代的なビートを軸にエレクトロニックなアプローチを見せている。音そのものへのこだわりも強く感じるふくよかな低音は、この楽曲のほとんど肝と言っていいだろう。かと思えば「風よ」ではシンプルなピアノメインのアレンジで曲そのものの良さを押し出し、はたまた「罪の香り」ではフルートからバリトンサックスまで登場する大人数の編成で、さながらプログレッシブジャズ的な演奏で聴き手の耳を奪う。こうしたアレンジャーの持つ引き出しの多さが、楽曲に適材適所のアレンジを可能にしているのだろう。

藤井 風(Fujii Kaze) – “キリがないから”(Cause It’s Endless) Official Video

 シンガーソングライターたちの作品を支えるアレンジャーたち。上記に挙げた以外にもまだまだ注目すべき存在は多い。楽曲の魅力を引き出す彼らの腕に着目すれば、今までとはまた違った音楽の楽しみ方ができるのではないか。

■荻原 梓
J-POPメインの音楽系フリーライター。クイックジャパン・リアルサウンド・ライブドアニュース・オトトイ・ケティックなどで記事を執筆。
Twitter(@az_ogi/https://twitter.com/az_ogi)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる