ENHYPEN、『オールナイトニッポンX』パーソナリティに異例の起用 デビューからの活躍ぶりを振り返る

 ほかにも、ENHYPENとしてのデビューまでの日々を記録したリアリティ番組『ENHYPEN & Hi』がMnetチャンネルおよびABEMAで放送され、『I-LAND』からのファンを楽しませ続けている彼ら。番組では、アルバムのジャケット撮影のビハインドや共同生活の様子などメンバーの素顔が楽しめるコンテンツが盛りだくさん。ENHYPENをデビュー後に知った人も、『I-LAND』で見せていたような彼らのパフォーマンス中とは違った表情を知ることができる。

 多くのファンから愛され全4回で終了した同番組が、3月17日から『ENHYPEN & Hi Season2』としてカムバック。今回も全4回で構成されているが、初回放送では7人が1泊2日の旅行に出発。ただのヒーリング旅行、というわけではなく“団結力”をテーマに出題される様々なミッションに挑む。メンバーたちは宿泊所に到着するや否や夕ご飯の話をするなど、プロフェッショナルなステージ上とは違う、無邪気で自由な姿を見せた。ミッションにもたくさんの笑いを生み出しながら楽しそうに取り組み、その仲の良さを伺わせた。

 そんな彼らのラフな姿が楽しめる新たなコンテンツとして、3月29日スタートの『オールナイトニッポンX』は必見だろう。ENHYPENはラジオの放送開始にあたって「今回の機会を通じて“ENHYPENってこんなグループなんだ! このような魅力を持っている”ということをお見せしたいです。 そしてリスナーの皆さんと僕たちが近くに繋がっていると感じてもらうことができたら嬉しいです」とコメント。

 彼らの言う通り、声というツールは“近くに繋がっている”と感じるにはぴったりのものだ。外出自粛など、1人の時間を持つことが増えた今、若者の間でPodcastなどの音声コンテンツが熱を持ち始めているのはたしか。そんななか起用された、多国籍グループでもあるENHYPENが、様々な年代が聞くであろうラジオというメディアで何を伝えてくれるのか。あたたかい仲の良ささや、ファンが愛している彼らの声で届けてくれるメッセージを楽しみにしたい。

■フルヤトモコ
1999年生まれの大学生。韓国のカルチャーと洋楽、本、映画など。
東京藝術大学 音楽環境創造科在籍。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる