佐藤結衣の『ラジオdeジャニログ』

V6 三宅健、解散発表後ラジオを通して届けた言葉 悲しむファンを抱きしめた温かな30分

「できることなら、寝られないみんなのところに今すぐ飛んで行って、みんなに会いたいです。そして、一人ひとりを一緒に泣きながら抱きしめてあげたいと思ってます」

 そう語りかけるV6三宅健の声のバックには、V6の「The One」が流れていた。さらに「お相手は、三宅健でした。それではみなさん、おやす……三宅健」と続けると、森田剛が歌う〈幼い頃の夢を 見て〉のパートが印象的に響く。

 そして「本当にちゃんとしっかり寝てください。おやすみ!」のあとには、〈離れていても  会えなくても 僕らはひとつさ〉 の歌詞がそっと心を包み込んでいく感覚が……。

 これぞ、V6。これぞ、三宅健。そう、うなりたくなる完璧なラジオだった。『三宅健のラヂオ』(bayfm78)3月15日放送回は、12日に発表されたV6解散のニュースにショックを受けるファンをそっと抱きしめる、温かな30分となった。

 この日の収録は、舞台『藪原検校』の公演を終え、石川県のホテルからリモート収録だという。きっと、もっと前に収録することも可能だったはず。しかし、三宅は「なるべく発表されて、みんなの声をちゃんと聞いて、リアルタイムでこのラジオを届けたかったので今日収録することにしたんですけど」と、率直な心境を言葉を一つひとつ拾い上げるように話し始める。

 ファンにとって世界が一変してしまうような出来事になってしまい、申し訳なく思っていること。三宅自身も実感がなかったけれどファンから届いたメールを読み、石川に向かう新幹線で涙が止まらなかったこと。ファンのみんなにも涙が出るなら無理やり止める必要もないし、その今湧き出る感情に素直になってほしいこと……その上で、11月1日までの約7カ月半を「最高の思い出にしたいし、最高の時間にしたい」と優しく語りかける。

 「ジャニーさんが作ってくれたものを一番綺麗な形で大切な箱にしまえるのかもしれないな」そんな言葉も飛び出した。どんな状況にあっても、ショーの幕を必ず開け、ステージでは光り輝く姿を披露し、お客さんを楽しませる。それが、ジャニーズイズムだった。その幕を美しい形で閉じるのも、またエンターテイナーとしての見せどころ。そして、V6の唯一にして絶対のルールは「楽しもう」。V6のデビュー日である11月1日を解散日にしたのも、「悲しい思い出が増えないように」という思いが込められているというから、その徹底したイズムに改めて頭が下がる。

 これまで、このラジオは「カスタマーセンターではない」と言い切ってきたが、今回に関しては遠慮なく思いをぶつけてほしいと告げた三宅。やるせなさ、寂しさ、悲しみ……行き場のない思いを全部受け止め、いつだってファンの味方でいると約束する。そして、「11月1日に向けて、要望だったり、やってほしいこと、やりたいこと、なんでもいいので送ってもらえれば」とも。

 これまでドームクラスの会場ではパフォーマンスが伝わりきらないと考え、アリーナクラスの会場にこだわってライブを披露してきたV6。「最後にはみんなとちゃんと会いたい」とラストライブの開催が期待できる発言もあった。また「今の自分達にフィットするような楽曲がちゃんと引き寄せられてるというか、集まってくれてる気がしていて、それを早くみんなに聞いてもらいたい」と、新曲のリリースも進んでいることを明かしてくれた。