FUNKY MONKEY BABYS、『音楽の日』で一夜限りの復活 田中将大選手との共演実現

FUNKY MONKEY BABYS、『音楽の日』で一夜限りの復活 田中将大選手との共演実現

 3月11日よる7時から4時間に渡り生放送される音楽特番『音楽の日』(TBS系)にて、FUNKY MONKEY BABYSが一夜限りの復活を果たす

 2004年にグループを結成し、数々のヒットソングを送り出してきたFUNKY MONKEY BABYSは、2013年にDJケミカルが実家である寺の住職を継ぐため、これまでのように音楽活動が続けられないことを理由にファンに惜しまれつつも解散。以降はそれぞれの道を歩んでいたが、震災から10年、解散から約8年ぶりとなる今年、再び3人が集結。『音楽の日』だけの一夜限りのスペシャルライブを楽天生命パーク宮城から生中継。人気曲「ありがとう」「ちっぽけな勇気」「あとひとつ」の3曲を披露する。

 FUNKY MONKEY BABYSにとって東北は、震災の年の6月に岩手県の陸前高田市、山田町、宮古市の3箇所をトラックをステージにして周る復興支援ライブを開催。また、9月には宮城県で東日本大震災復興応援企画としてケツメイシとともにチャリティーライブを開催した思い出の地。10年の時を経てふたたび東北の地に立つ。

 さらに、2014年から昨年までアメリカ・メジャーリーグのニューヨークヤンキースで活躍し、今年メジャー挑戦以前に所属していた、パ・リーグの東北楽天ゴールデンイーグルスに復帰した田中将大選手が生出演することも決定。 2013年、球団創設9年目にして初の日本一に輝いた東北楽天ゴールデンイーグルス。巨人との優勝をかけ最終決戦となった第7戦、9回裏にエースの田中選手がマウンドへ。その時、スタジアムのファンたちが田中選手の入場曲であるFUNKY MONKEY BABYSの「あとひとつ」を大合唱するという名シーンが生まれた。そんなFUNKY MONKEY BABYSと田中選手の夢の共演が『音楽の日』で実現する。

 「音楽の力で日本を元気に!」という願いを込めて2011年から始まった『音楽の日』。被災地と被災者の10年を想い、日本を力づけるアーティストたちの熱いパフォーマンスを宮城セキスイハイムスーパーアリーナから生放送でお届けする。

FUNKY MONKEY BABYS・ファンキー加藤コメント

震災から10年。そのタイミングでTBSさんからお声がけいただきました。
数ヶ月間熟考したのち出演を決断しました。被災された方や、全国に今でも僕たち3人の歌を求めてくれる方がいるなら、その想いにしっかり寄り添える音楽を。
3月11日、歌わせていただきます。

FUNKY MONKEY BABYS・モン吉コメント

自分達の曲で誰か1人でも気持ちが楽になってくれたりしたら最高です◎
久々に3人が集まれる良い機会をありがとうございます◎

FUNKY MONKEY BABYS・DJケミカルコメント

早いもので震災から10年が経ちましたが、今も心の傷が癒えない方がたくさんいらっしゃると思います。
日本の原風景が残っている東北で、一人でも多くの方に元気になってもらえるよう頑張ります!
よろしくお願いします。

■番組概要
『音楽の日』
3月11日(木)よる7:00~10:57

<出演者>
総合司会
中居正広
安住紳一郎(TBSアナウンサー)

出演アーティスト(※50音順)
AI
YEN TOWN BAND
岸谷 香
Kis-My-Ft2
GLAY
小林武史(Bank Band)
櫻井和寿(Bank Band)
サンボマスター
柴咲コウ
スガ シカオ
FUNKY MONKEY BABYS
MISIA
宮本浩次
milet
森山直太朗
MONKEY MAJIK
ゆず
Rake

『音楽の日』公式サイト
『音楽の日』公式Twitter(@TBS_awards)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる