Kis-My-Ft2、『ボス恋』主題歌「Luv Bias」は新たな代表曲に 7人による豊かな表現を紐解く

Kis-My-Ft2、『ボス恋』主題歌「Luv Bias」は新たな代表曲に 7人による豊かな表現を紐解く

 キスマイに関して何度か述べてきたことだが、彼らはパフォーマンスを通じてメッセージを伝え、ストーリーを語るグループだ。経歴、個性、重ねた年齢も含め、彼らの存在そのものに、不思議な説得力と希望がある。

 ちょうど10年前の2011年2月12日。コンサートのMC中に突如、手元に届けられた一通の茶封筒。それを開いた瞬間から、キスマイの夢は走り出した。

 “あの”TBS火曜夜10時枠のヒーローに玉森裕太が抜擢され、日本中が玉森=宝来潤之介に恋をする。そしてKis-My-Ft2が歌う主題歌に、視聴者の心が震える。グループが迎えた10回目の2月に、そんな未来が待っていた。幻想的なイントロを経て、耳に届く“7人”のユニゾン、その美しさと力強さ。ただもうそれだけで涙があふれてくるストーリーが、キスマイにはある。

 Kis-My-Ft2のアニバーサリーイヤーは「Luv Bias」によって最高のスタートを切った。そして、それはまだまだ始まったばかりだ。Kis-My-Ft2の船に乗るそのタイミングは、今かもしれない。

■新 亜希子
アラサー&未経験でライターに転身した元医療従事者。音楽・映画メディアを中心に、インタビュー記事・コラムを執筆。Twitter(@akino_ippo)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる