櫻坂46 大沼晶保&増本綺良、斜め上を行く“天然コンビ” 目覚ましい活躍みせる二人の魅力

グループを和ませる“天然コンビ”

 こうした彼女たちの天然な魅力は、バラエティ以外の場面でも笑いを生んでいるようだ。「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」のMV撮影の際、増本が糸に絡まってしまったことがあったという。その時のことについて井上梨名が以下のように話している。  「綺良ちゃんだけ焦って困った顔で糸に絡まってて。カットがかかった瞬間に「あはははは、大丈夫?」って笑いが起きました(笑)。本人は「すみません、すみません」って謝ってましたけど、場が和みましたね」(参照

 大沼も先日の放送で自作の歌(本人曰く“沼リズム”が突然降ってくるらしい)とアニメーションを披露しスタジオを笑いで包み込んでいたが、2人は他にも多くの場でこうしたエピソードを生んでいることが容易に想像できる。

 櫻坂46はまだ駆け出し。これからグループが成長していくにあたって、乗り越えなければならない壁もやってくるだろう。しかし、そんな時こそこの“天然コンビ”の2人がグループを和ませてくれるはずだ。

■荻原 梓
J-POPメインの音楽系フリーライター。クイックジャパン・リアルサウンド・ライブドアニュース・オトトイ・ケティックなどで記事を執筆。
Twitter(@az_ogi)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる