秦 基博、女王蜂……J-POPシーンに新たな刺激を与える作品たち 新譜からピックアップ

 NHK連続テレビ小説『おちょやん』(NHK総合)主題歌として話題の秦 基博の新曲「泣き笑いのエピソード」、2月24日、25日に初の日本武道館ワンマンライブを予定している女王蜂のニューシングル『夜天』。J-POPシーンに新たな刺激を与える最新作を紹介します。

24th Single「泣き笑いのエピソード」
秦 基博『泣き笑いのエピソード』

 NHK連続テレビ小説『おちょやん』主題歌としてすでに大きな反響を集めている「泣き笑いのエピソード」は、秦 基博の新たな代表曲になる可能性を備えた楽曲だ。ドラマの主人公のモデル・浪花千栄子(過酷な生い立ちを生き抜き、喜劇女優として一世を風靡した伝説的俳優)の人生をモチーフにした歌詞は、“きついことがあっても日々を生き抜いていこう”という前向きな意志がナチュラルに映し出されている。アレンジはアルバム『コペルニクス』でもタッグを組んだトオミヨウが担当。木管楽器を活かしたアレンジ、重層的なハーモニーを軸に、楽曲のムードに寄り添うオーガニックな音像を生み出している。カップリングにはアルバム『コペルニクス』収録曲から、自粛期間中に制作された “コペルニクス AT HOME”バージョン2曲(「LOVE LETTER」「アース・コレクション」)、さらに書き下ろしの新曲バラード「カサナル」を収録。

秦 基博 – 「泣き笑いのエピソード」Music Video
女王蜂『夜天』
女王蜂『夜天』

 『十』(2019年)、『BL』(2020年)の2作のアルバムで驚くべき変化を遂げた女王蜂のニューシングル『夜天』。表題曲は、儚く、繊細なファルセットと力強く情熱的なストロングボイスを使い分けながら、4分間のなかで壮大なストーリーを描き出す感動的なナンバーだ。組曲のように展開するメロディとサウンドのなかでアヴちゃん(Vo)は、この世のすべての生を肯定し、光を当てる。特に〈持ち寄る孤独は星たちのように、胸に宿り〉というフレーズを神聖な旋律とともに響かせる場面は圧巻だ。カップリングには、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で再生数2000万回超えの「火炎」のアコースティックバージョン「火炎(FLAME)」、美しいストリングスと重厚なコーラス、“あなたとわたし”の刹那的で脆い関係を描いた歌詞が融合し、高みに昇る「コスモ」を収録。現在の女王蜂の充実ぶりを証明する1枚だ。

女王蜂 『夜天(STARRY NIGHT)』Official MV

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる