SixTONES & Snow Man、鮮烈なデビューから一年 大きな成長遂げた2グループに寄せる期待

SixTONES
SixTONES

  12月31日SixTONESが『第71回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)に初出場し華麗なパフォーマンスを披露した。鮮やかな照明に彩られたステージからデビュー曲「Imitation Rain」を堂々と披露し話題となった。パフォーマンスに先駆けジェシーは、「とても緊張しているんですけど、テレビの前のみなさんにズドンと見せつけたいと思います」とファンとの合言葉として定着し、曲まで生まれた“ズドン”を交えて挨拶。髙地優吾は「同じステージに立つ予定だったSnow Manの分も!」と一緒に初舞台に立つはずだったSnow Manについて触れ、「メールさせていただいて、エールをいただいたので、しっかり、画面越しとなりますが届けてきたいなと思います」意気込みを語った。

 昨年1月22日に『Imitation Rain / D.D.』で鮮烈なデビューを飾ったSixTONESとSnow Man。昨年の2組の活躍を振り返りながら、改めて彼らの魅力や2021年の活動について考察したい。

SixTONES

 『Imitation Rain / D.D.』の発売日の売り上げ77.3万枚を伝えたニュースに思わず二度見した記憶が今も鮮明に蘇る。ジャニーズのデビュー曲は他のグループを応援しているファンが「お祝い」として購入するケースも多く、好セールスとなることが多いが、それにしてもこの数字は圧倒的だった。デビュー後の1月23日付オリコンデイリーシングルランキングでは累積枚数109.4万枚をマークしミリオンを達成。7月22日に2ndシングル『NAVIGATOR』、11月11日に3rdシングル『NEW ERA』を発売。いずれも異なる世界観を披露し、表現力の高さを見せつけた。

 さらに驚いたのは10月14日に発売されたライブビデオ『TrackONE -IMPACT-』だ。構成やパフォーマンスを含め、デビュー直後のグループとは思えない存在感に圧倒された。ジャニーズのアイドルはダンスをメインに語られることが多いが、彼らの優れた歌唱力にもぜひ注目してほしい。ジェシーやミュージカル『エリザベート』でも活躍した京本大我などメンバーの歌唱力とギラギラとしたパフォーマンスの相乗効果で観る人を魅了する。また4月からは冠ラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』(ニッポン放送)もスタート。同局では12月24・25日に先輩のKis-My-Ft2と共に『第46回 ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』にも参加し、パーソナリティーを務めた。

 さらに『監察医 朝顔』(フジテレビ系)に出演中の森本慎太郎、『一億円のさようなら』(NHKBSプレミアム)の好演が印象的だった松村北斗、『バベル九朔』(日本テレビ系)に菊池風磨と共に出演した髙地優吾などメンバー個人での俳優としての活躍も目立った。田中樹は『NEW ERA』のカップリング曲「So Addicted」では自らリリックを手がけるなど音楽的才能を発揮している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる