BTS、SEVENTEEN、JO1、Snow Man……2020年存在感増したダンスボーカルグループ 4組をピックアップ

 毎週、注目すべき新作を紹介してきた「本日、フラゲ日!」。2020年の締めくくりは、今年さらに存在感を増したダンスボーカルグループをピックアップ。世界的スターになったBTS、J-POPシーンに新たなスタイルを持ち込んだJO1など4組を改めて紹介します!

BTS『BE (Deluxe Edition)』
BTS『BE (Deluxe Edition)』

 2020年8月にリリースされた「Dynamite」がアメリカ・Billboard「HOT100」で首位を獲得。さらに『第63回グラミー賞』の最優秀ポップデュオ/グループパフォーマンス部門にノミネートされるなど、BTSは名実ともに世界のトップグルーブに上り詰めた。キャリア初の英語詞による楽曲「Dynamite」は、80’sポップを現代的なダンスミュージックに昇華させた楽曲。レトロフューチャー的なトラック、カラフルなメロディライン、超キャッチーなサビのフレーズは、まさに世界標準だ。MVにはデヴィッド・ボウイのポスターやワム!のレコードが映り込んでいるが、これは“非黒人がブラックミュージックを取り入れる”“アイドルから本物のスターへ”というBTSの軌跡とつながっていると思う。また『MAMA2020』で披露されたマイケル・ジャクソンへのリスペクトに溢れたダンスブレイクも大きな注目を集めた。

BTS (방탄소년단) ‘Dynamite’ Official MV
SEVENTEEN『24H』
SEVENTEEN『24H』

 日本2ndミニアルバム『24H』のタイトル曲は、個人的に2020年もっとも印象に残った楽曲の一つだ。現代的なヒップホップ、オルタナR&Bの潮流を的確に捉えたトラックメイク、メンバーの広い音域を活かしたメロディライン、〈想うよ 君だけ〉というフレーズ。音楽的な攻めの姿勢を貫き、“ファンを大事にしたい”という思いを込めたこの曲は、SEVENTEENの躍進を象徴するナンバーだと思う。特に4つ打ちのビートと3連のフロウを組み合わせたサビのアレンジには、抗いがたい魅力がある。また、作詞・作曲、トラックメイクからダンスの振り付けなど、クリエイティブのすべての要素においてメンバー自身の意志が反映されているのも彼らの特徴。BTSと同様、クリエイターとしての可能性とパフォーマーとしての才能を高いレベルで共存させたグループと言えるだろう。

[MV]SEVENTEEN – 24H

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる