BTS、TOMORROW X TOGETHER、ENHYPENらBig Hitファミリーが集結 『2021 NEW YEAR’S EVE LIVE』への期待

 Big Hit Labels所属アーティストが一斉に集うファミリーコンサート『2021 NEW YEAR’S EVE LIVE』が大晦日に開催される。コロナウイルスの感染拡大を受け、オンラインのみでの開催となるが、ファンだけでなく所属アーティストも楽しみにしているようだ。本記事では、出演予定のアーティストの2020年の活躍を振り返りつつ、コンサートの注目ポイントについてもおさらいしていきたい。

『BE (Deluxe Edition)』
『BE (Deluxe Edition)』

 今や世界的音楽グループとして、絶大な人気を誇っているBTS。今年発売した4thフルアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』は大きな反響を得ていたが、残念ながら同アルバムを引っ提げたワールドツアーは軒並み中止に。それでも、そのような逆境に負けることなく、8月にはデジタルシングル「Dynamite」を発売すると、Billboard Hot 100では初登場1位を獲得、世界的大ヒットとなった。そして11月、同楽曲も収録されている7thミニアルバム『BE (Deluxe Edition)』を発売。「Dynamite」は、第63回グラミー賞で「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス」部門にノミネートされるといったK-POP史における大記録も達成した。そのほかにも、2度のオンラインコンサートを開催し、『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』は世界191カ国で約99万3000人に視聴された。そんな大活躍の2020年だったBTSが今年の締めくくりにどんなパフォーマンスを披露するのか、注目だ。

 また、Big Hit Labelsに移籍したことで話題を呼んだNU’ESTとGFRIENDもコンサートに参加する。NU’ESTは、Wanna Oneのメンバーとして活動していたMINHYUNが昨年から復帰したことで5人による完全体での活動が定着しつつある。加えて、グループとしてだけではなく、楽曲制作やドラマ出演、バラエティの司会など個人の活躍にも注目されてきた。5月に8thミニアルバム『The Nocturne』をリリースしたほか、10月には5年ぶりの日本アルバム『DRIVE』をリリース、久しぶりに日本での活動も行っていた。また、GFRIENDは今年、韓国で2枚のミニアルバムをリリース、日本でも10月にデジタルシングルを連続リリースするなど、コロナ禍にも関わらず精力的に活動を行った。11月にリリースした3rdフルアルバム『回:Walpurgis Night』は、進化し続けるGFRIENDのコンセプトに対し、韓国だけでなく海外からも熱い反響を呼んでいた。Big Hitファミリーに加わることとなった2組。コンサートではそれぞれの強みや個性が発揮されるステージを期待したい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる