THE RAMPAGE、2020年シングル4作を振り返る 表題曲とカップリングで見せたこれまで以上に多彩な表情

 THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、13枚目のシングル『MY PRAYER』が12月9日に発売された。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE『MY PRAYER』

 表題曲はABEMAオリジナル『恋する週末ホームステイ』の主題歌であり、シンプルかつ壮大なラブバラードとなっている。聴きどころはなんといっても川村壱馬、RIKU、吉野北人の声質と繊細なボーカリングであり、その両方がなんとも心地よい響きを織りなしている。バラードがよく似合う吉野の優しい歌声から始まり、各パートがほぼ等分にあたるように入れ替わる、という歌割りも彼らの曲では意外に珍しい。

 この曲を象徴するキーワードは、3人のハーモニーが魅力的な最後のサビで歌われる〈手遅れになってしまう前に〉ではないかと思う。自分の思いを大切な人へ伝えるということがいかに尊く、価値ある行動なのかーーそれを普遍的なポップサウンドを通して伝えるこの曲は、それまで当たり前のように存在し続けたものが多く失われた今だからこそ、より深く心に響くはずだ。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE / MY PRAYER (MUSIC VIDEO)

 続いて2曲目「ESCAPE」はゆったりとしたエレクトロポップだ。出だしからリバーブに包まれて鳴る優しい口笛の音は肩の力を抜いてくれるし、暖かみのある柔らかなシンセとゴリっとしたベースのグルーブ感には思わず横ノリしたくなってしまう。〈旅に出ようか Babe/たまには 息抜きにさ〉〈霧の晴れるような 笑顔探しに行こう〉などの詞が持つメッセージ性は前作『FEARS』に収録の「LIVIN ‘IT UP」にも似ているが、この曲は一層リラックスした空気感があり、タイミングを選ばず耳に馴染むような心地良さがある。

 一方で3曲目「BAD LUV」は、先の2曲のどちらとも大きく趣が異なり、閉鎖的かつ退廃的なラブソング。ディープハウス調のトラックと低音の強調されたメロディはクセになるような聴きどころが多く、濃艶な世界観を表現しつつも中毒性のある仕上がり。また、歌い出しの川村の深くスモーキーな歌声が象徴する通りボーカリングにおいても、これまで以上に繊細なニュアンスが求められており、3人の新たな歌唱表現が多数味わえるのも楽しい点だ。

 なお、『MY PRAYER』のジャケットが朝焼けのような淡い空を背景としているのに対し、「ESCAPE」のストリーミング配信時のジャケットは日が昇った後のような青空だ。これはつまり『MY PRAYER』の3曲が“1日の中で移り変わっていく空模様”を心象風景として切り取った1つの作品になっていると考えられる。“純愛”をテーマとした「MY PRAYER」から対極に位置する楽曲「BAD LUV」までの流れ、その中で徐々に音域が下がるボーカルライン、そして楽曲ごとに別人のように表情を変える3ボーカルの歌声ーーこれらはそのまま、人の心の中にある多面性を映し出しているのではないだろうか。と、考察を巡らせたくなるほどに、『MY PRAYER』は表現面での奥行きがある作品となっていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる