『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』Snow Man特集オンエア コロナ禍で新たなエンターテインメントに挑戦

『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』Snow Man特集オンエア コロナ禍で新たなエンターテインメントに挑戦

 本日12月18日放送の『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(フジテレビ系)では、今年1月に念願のデビューを果たしたアイドルグループ・Snow Manを特集。「Snow Man デビュー1年目~壁を越え、見えた景色~」 Episode1がオンエアされる。

 去年3月、番組ではジャニーズJr.としての彼らを特集した。Snow Manはデビューシングル『D.D.』がいきなりのミリオン超え、さらに2ndシングル『KISSIN’ MY LIPS』もミリオンを達成。バラエティの冠番組もスタートし、快進撃を続けている。リーダーの岩本照は「ここからは無限大。誰もが無理とかちょっと厳しいんじゃないかということにも挑戦していきたい」と、今後の活動への意欲を語った。

 しかし、新型コロナウイルスの影響が、彼らの活動に大きく立ちはだかる。3月に開催予定だったデビューコンサート全14公演が中止に。バンコク・シンガポール・ジャカルタ・台北を回るアジアツアーも中止が決定した。宮舘涼太は「今まで色んな経験を経て、色んなつらい事も乗り越えてきたSnow Manだからこそ、もう一枚分厚い壁がやってきた。そこをぶち壊せないようじゃ、今後も負けてしまう気がする」と、厳しい状況の中でも前向きな気持ちを語った。

 また、夏には、Snow Man主演の舞台『滝沢歌舞伎ZERO 2020』の公演が予定されていたが、コロナ禍により公演は中止に。そこで多くのファンに広く楽しんでもらうため、舞台と映像を融合した新たなエンターテインメント映画『滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movie』が制作されることとなった。

 稽古が始まったのは7月。長い自粛期間を経たメンバーの体は、激しい稽古に悲鳴をあげる。渡辺翔太は「1年前とかよくこんなに動けていたなと、俯瞰(ふかん)で見られるくらい別人の体になっている。それくらい焦りを感じた」と不安を語った。舞台を映像化するにあたり、メンバーの表情や動きを臨場感あふれるものに仕上げるため、さまざまな演出が練られた。9人全員で殺陣を繰り広げる「九剣士」では、メンバー随一のアクロバット能力を誇る佐久間大介が、大きく跳躍するシーンが用意されていた。足元の装置を踏み込むことで体が数メートル上に押し上げられる。タイミングが合わないと大けがにつながる。佐久間は「最初は何をやるにもアクロバットは怖い。やっていくうちに恐怖心がなくなる。恐怖心に勝つのが一番大事なこと」と話し、何度も練習を重ねる。

 出口の見えないコロナ禍で、新しいエンターテインメントを届けるため過酷な挑戦を続けるSnow Manの姿に迫る。

■番組概要
『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』
テーマ:「Snow Man デビュー1年目~壁を越え、見えた景色~」
放送日時:
▽地上波
12月18日(金)25時15分~25時45分 ※関東ローカル
FODプレミアム
放送直後から独占配信(※過去話も全て配信中)
出演者:
Snow Man (岩本 照、深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、向井康二、阿部亮平、目黒 蓮、宮舘涼太、佐久間大介)
ナレーション:
風間俊介
メインテーマ:
山下達郎 『RIDE ON TIME (2018 NEW VOCAL VERSION)』

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる