ちゃんみな×SKY-HIに聞く、“ふざけ倒した曲”に潜ませたアーティストとしての願い「エンタメは人の心を幸せにするためにある」

ちゃんみな×SKY-HIに聞く、“ふざけ倒した曲”に潜ませたアーティストとしての願い「エンタメは人の心を幸せにするためにある」

「ネガティブをこの馬鹿さで形にするのは、2020年の今に必要なこと」(SKY-HI)

ーーでは「不幸なクリスマス」という楽曲のコンセプトは?

ちゃんみな:これは私の発案ですね。

SKY-HI:毎年超派手なパーティーやったり、モテたりしてたのに、なんで今年はお前と二人きりなんだよっていうのは、コロナで不特定多数と集まることが難しい今を象徴してる部分もあり。

ちゃんみな:あと今までに「幸せなクリスマスだった」って思い出せるのって何回あるかな、って。

SKY-HI:俺は3~40かな。

ーー年齢とクリスマスの回数が合わないじゃん。

SKY-HI:記憶に残るクリスマスが25日のうちに一回だけとは限らない。

ーーさすが! そして勝手にして(笑)。

ちゃんみな:普通は4~5回あったら優秀じゃない? 一回あるかないかの人も多いと思うし。

SKY-HI:パートナーがいたとしても毎年幸せに祝えるかっていったらそうでもないしね。

ちゃんみな:あと、日本のクリスマスってハロウィンより地味になってる感じがして。

ーーバブルの頃はクリスマスの赤坂プリンスホテルは争奪戦なんて話もあったけど……って古すぎるか。赤プリもすでにないし。

SKY-HI:(「クリスマス粉砕デモ」に端を発した)「リア充爆発しろ」っていうワードがあれだけ流行ったのもそういう時代の名残ですよ。

ーー時代の名残……。

SKY-HI:でも、ネガティブをこの馬鹿さで形にするのは、2020年の今に必要なことかとも思って。

ーー個人的にもラブコメっぽい感じも受けて。

SKY-HI:ドタバタ系のね。

ーー「なんだよお前かよ」って言いながらも、お互いに実は惹かれ合ってるっていうニュアンス?

ちゃんみな:うん。その可能性は否定はしない。

SKY-HI:そういう可能性を残しつつっていう。

ちゃんみな:想像の余地とか、余韻を作りたかったっていうのはあるかも。だから第2弾ではもしかしたら恋に落ちてるかもしれない。それも匂わせられるよね。

SKY-HI:もしくは失恋ソングとか。

ちゃんみな:アハハ! 一旦付き合ったのにもう別れてるんだ(笑)。

SKY-HI:付き合ってるシーンはカットで(笑)。

「格好いい曲がこのタッグの最初だとちょっと寒い」(ちゃんみな)

ーー楽曲の構造としては、すごくオーソドックスな方向に寄せていますね。

ちゃんみな:分かりやすいサビとか、ちゃんとハモったり、交互にリードを取るっていう構造なんて、すごく久々にやったと思う。

ーーコード進行もグレン・ミラーの「in the mood」みたいなビッグバンドジャズを感じるような展開で。

ちゃんみな:私もSKY-HIもジャンルレスだから、こういう曲も面白いのかなって。

ーージャンルレスだからこそオーソドックスなものを作ることに新奇性が生まれるというか。ただ、ちゃんみなとSKY-HIのタッグと聞くとイメージとしては最先端の音楽を提示するかとも思ったんですが。

ちゃんみな:それはみんなが想像しますよね。

SKY-HI:普通に考えたらそうするよね。でもそういうのは「やれすぎる」んですよね。たまにYouTubeで新しい楽曲を見ながら、「こういうアプローチは面白いよ」とか「こういう風なのやってみたいね」みたいな話をするんですけど、どれもそれをやってる二人が想像出来ちゃう。

ちゃんみな:お互いに歌える、踊れる、ラップ出来る、っていう共通点があるんで、割とどんなアプローチでも出来るんですよね。しかもキーも一緒だから、可能性と方向性が多すぎる。だからこの曲にしても、ふざけ倒すっていう方向に振ったからこそ、お互いに楽しく形にできたというか。

ーーだから1音目を聴いた時に、子供が使うシンセサイザーのようなチープな音色だったからすごく驚いて。その意味でも多くの部分が「逆に」で成り立ってる曲ですね。

ちゃんみな:ラッパー2人でやる曲ではないし、ふざけまくってる。でも、うちらのやってるのはエンターテインメントだから、裏切るのが大好きなんですよ。

SKY-HI:想像されるようなことからやりたくなくなっていく。もちろん、最先端みたいな曲もやりたいはやりたいんだけど……。

ちゃんみな:それが一発目ってのはちょっと違うかなって。 それよりも「Holy Moly Holy Night」の感じが一番しっくりくるんじゃないかなって。過剰にエモかったり、格好いい曲はこのタッグの最初の曲だと……ちょっと寒くない?って(笑)。

ーーだから、明らかにふざけてるのが分かったから、一聴目は「これは何を質問したらいいんだろう……」って(笑)。

ちゃんみな:アハハ。うちらもLINEしながら明日なに聞かれるんだろうって話してた(笑)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる