ŹOOĻ 『einsatZ』インタビュー 広瀬裕也、木村 昴、西山宏太朗、近藤 隆が1stアルバムに込めた、グループの存在意義

ŹOOĻ 『einsatZ』インタビュー 広瀬裕也、木村 昴、西山宏太朗、近藤 隆が1stアルバムに込めた、グループの存在意義

木村「アルバムが出るということは、ŹOOĻを受け入れてもらえた一つの証」

――続く「Ache」は打って変わったバラードで、ŹOOĻにとっては今までにない楽曲ですね。作編曲はJeff MiyaharaとKuraaki Horiさんが担当しています。

広瀬:めちゃくちゃ難しかったですね。聴かせるところとŹOOĻらしさを出すところ、その両方を織り交ぜる必要があって、キーも高かった。レコーディングの現場でまずキーをどこにするかから時間をかけて決めました。レコーディングの時、作詞された結城アイラさんもいらっしゃっていたので、直接指導を受けたりして、貴重な機会をいただきました。普段の現場と違って、ディレクターさん2人体制だったので、「これでいいか」ではなく、「もう一回やろう」というふうに、曲をより深く追求して、がっつり作り込んでいきましたね。

近藤:キーが高いし、かつ勢いで処理できないので、感情的にも音楽的にもきちんと受け止めたものを丁寧に出さないと通用しない曲でした。今までのŹOOĻの曲は勢いが大切だったのが、ここでは丁寧にやらなきゃ! と。

西山:言葉に気持ちを込めることがすごく大切な曲ですよね。巳波が作っていると思うと特に、彼の人間らしくて泥臭いところがちゃんと感じ取れるなと思いました。

広瀬:「Ache」はアルバムの中でも他と違った雰囲気があって、胸に染みる歌詞が多いと思います。今のŹOOĻを想像しながら聴くと、いろんなことが思い返されます。

――ŹOOĻの楽曲を歌う際、歌い方で意識していることはありますか?

広瀬:最初に発表された「Poisonous Gangster」や「LOOK AT…」では、「俺を見てくれ!」「俺だ!」という荒々しさとか、良い意味での純粋さを出していたんですが、そのスタンスは今もあまり変わってないですね。悠は素直なわかりやすいキャラクターなので、変にこねくり回したり綺麗に聴かせようというより、純粋に思ってることをぶつけていくというアプローチが多いです。

木村:僕は、例えば「Poisonous Gangster」だったら、ガッツというか、相手をひきずり下ろすようなパワーみたいなものが必要でした。歌詞でいうと〈ド派手に暴れまわろうぜ〉の部分のような感じ。ただ歌うだけじゃなく、ストーリーの中での気持ちもあるので、トウマが今どういう感情なのかを尊重しましたね。

西山:僕は家で練習するときはŹOOĻの画像を出して、それを鏡のようにして見ます。どのくらいの高音だったらどれくらい眉をひそめるんだろうと想像したり、MVを想像したりしますね。自分の中のイメージがリンクしているといいなと。

近藤:僕はライブを想像するんですが、確かに映像でイメージできるものというのはありますね。ŹOOĻの曲は難しい曲が多くて、キーも高かったりするから意外と低音が足りなかったりしたんです。だから低音を足した方がいいかなと思い、そこに力を入れていました。あとは演出的に、僕はパフォーマーなのであくまでもメインボーカルの悠とトウマが目立つようにっていうのは考えましたね。

――ちなみに『einsatZ』のジャケットや、新しいアーティスト写真などをご覧になっていかがですか?

西山:豪華盤が思ったより大きいし、肌触りがいい。このまま部屋に飾りたいですね。おしゃれー!

木村:まさにŹOOĻ! って感じ(笑)。モノクロでハードな雰囲気も、他のグループと違っていていいですよね。

広瀬:キービジュアルなどで『アイナナ』のグループ全員が並ぶ時、昔はいなかったŹOOĻが今は当たり前に入っているのを見ると嬉しくなりますね! 『アイナナ』の世界観にちゃんといるんだなと実感します。

近藤:アーティスト写真は、僕はまず「白い」って思いましたね。今まで黒とかがメインカラーで、白はキャラクターの差し色程度でしたが、がっつり白っていうイメージはなかったので。アルバムタイトルも、ジャケットを見ると(文字が)逆さなんですね。Zが頭にくるようになってる。

――全体を通して、どんなアルバムになったと思いますか?

木村:これまでŹOOĻを応援してくださったファンの皆さんにとっては「待ってました!」な一枚だと思いますし、初めてŹOOĻを聴く人には、これでŹOOĻの全貌が見えてくるんではないかと。シンプルに音楽として聴き応えがあるし、日本語がわからない人でもかっこいいなと思って聞けるアルバムだと思うので、世界中の人に届いたらいいなと思いますね。僕にとって自慢の一枚です。

広瀬:どの曲もリード曲になるようなアルバムなので、全部しっかり聴いてほしいですね。単に『アイナナ』という作品の中の一つの作品ではなく、一組のアーティストとしてのアルバムだと思うし、それを求められているとも思うので、こっちもその期待に応えたいと思って歌いました。

近藤:そうそうたるクリエイターの方の手による、珠玉の一枚だと思います。僕達も精魂込めて歌わせてもらいましたし、できれば最初は1曲目から最後まで飛ばさず、シャッフルもせずに味わっていただきたいなと思いますね。

西山:「これがŹOOĻだ!」と言えるアルバムになっていると思います。これを聞いて街を歩いたら強い気持ちになれますよ。胸を張って歩ける自分にしてくれる、背中を押してくれるような一枚になってると思うので、朝から聴いちゃいましょう!

――では最後に、ŹOOĻとして今後目指したい展望はありますか?

広瀬:やっとまとまってきたというか、やりたいことが見つかってきたと思うので、まずはよりいいパフォーマンスをして、また『BLACK OR WHITE』(『アイナナ』における恒例イベント)に挑戦していきたいですね。

近藤:ŹOOĻの進撃はこれで終わりませんし、もっともっと攻めていきたいと僕も思っています。ŹOOĻは一つの雪解けを迎えたところもあると思うので、その分もっと攻撃的に、泥臭くあがくような4人であり続けたいと思っています。

西山:純粋にこの先のŹOOĻが見てみたいなと思いますね。どんな歌を歌うんだろう、どんな衣装を着るんだろう、どんなMV、ライブを見せてくれるんだろう。このアルバムが出たからこそ、さらに次が気になります。

木村:認めてもらいたくてやっていたグループなので、やっぱり認めてもらいたいなと思いますし、アルバムが出るということは、ŹOOĻを受け入れてもらえた一つの証だと思っています。そういう意味では、アルバムが出たのは嬉しいですし、ŹOOĻとしていつかワンマンライブができるような人気者になっていきたいですね。

■満島エリオ
ライター。 音楽を中心に漫画、アニメ、小説等のエンタメ系記事を執筆。rockinon.comなどに寄稿。満島エリオ Twitter(@erio0129

■リリース情報
ŹOOĻ
1st Album『einsatZ』
2020月11月25日(水)発売
ŹOOĻ [亥清 悠(CV.広瀬裕也)、狗丸トウマ(CV.木村 昴)、棗 巳波(CV.西山宏太朗)、御堂虎於(CV.近藤 隆)]

<商品仕様>
【豪華盤】LACA-35841 / 7.700円(税込)
・CD(新曲含む全11曲収録)
・撮り下ろしフォトブック ※豪華盤・初回限定盤 共通
・収納BOX(撮り下ろしジャケット)
・『アイドリッシュセブン 5th Anniversary Event “/BEGINNING NEXT”』最速先行抽選申込券封入
※「シリアルNo.」1つにつき各公演1枚ずつ申込可能

【初回限定盤】LACA-35842 / 3,850円(税込)
・CD(新曲含む全11曲収録)
・撮り下ろしフォトブック ※豪華盤・初回限定盤 共通
・三方背スリーブケース
・『アイドリッシュセブン 5th Anniversary Event “/BEGINNING NEXT”』最速先行抽選申込券封入
 ※「シリアルNo.」1つにつきいずれか1公演のみ1枚申込可能
・オリジナルグッズ(レザーブレスレット、マスクカバー、マルチポーチ)

【通常盤】LACA-15842 / 3,300円(税込)
・CD(新曲含む全11曲収録)
・『アイドリッシュセブン 5th Anniversary Event “/BEGINNING NEXT”』最速先行抽選申込券封入
※「シリアルNo.」1つにつきいずれか1公演のみ1枚申込可能

<CD>
01. Generalpause (Instrumental)
作曲・編曲:JUVENILE
02. 4-ROAR
作詞:結城アイラ 作曲・編曲:JUVENILE
03. ZONE OF OVERLAP
作詞:結城アイラ 作曲・編曲:YASUSHI WATANABE
04. LOOK AT… -Album Edition-
作詞:結城アイラ 作曲・編曲:中土智博
05. Unbalance Shadow / 亥清 悠 (CV.広瀬裕也)、棗 巳波 (CV.西山宏太朗)
作詞:浦島健太 作曲・編曲:徳田光希
06. Drift driving / 狗丸トウマ (CV.木村 昴)、御堂虎於 (CV.近藤 隆)
作詞:RYUICHI (OOPARTZ) 作曲・編曲:中土智博
07. ササゲロ -You Are Mine-
作詞・作曲・編曲:前山田健一
08. Ache
作詞:結城アイラ 作曲・編曲:Jeff Miyahara・Kuraaki Hori
09. Poisonous Gangster -Album Edition-
作詞:結城アイラ 作曲・編曲:MEG.ME
10. Bang!Bang!Bang!
作詞:浦島健太 作曲・編曲:徳田光希
11. Attacca (Instrumental)
作曲・編曲:JUVENILE

特典情報はこちら

©アイドリッシュセブン CD:Arina Tanemura

■関連リンク
アイドリッシュセブン 公式HP
アイドリッシュセブン アニメ公式HP
アイドリッシュセブン ランティスHP
ŹOOĻ Lantis公式サイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる