TRIGGERの持つ“強さ”とは何か 『Crescent rise』に表れた変化と自信

 2020年1月27日に公開された、3人組アイドルグループ・TRIGGERの新曲MV「Crescent rise」が話題だ。昨年10月に60秒の先行カットが発表になっていたが、29日のシングル発売を前に満を持してフルバージョンが公開された。

 『プロメア』、『SSSS.GRIDMAN』などの傑作を手掛けるアニメ制作会社・TRIGGERによる“TRIGGER×TRIGGER”のコラボMVは、発表時から大きな話題となっていた。先行カットが公開された時点でも、その映像美に驚愕したが、いざフルバージョンが公開されると驚いたことに6分越えと楽曲MVとしては長めの設定で、先行カットでは見ることのできなかったTRIGGERの新鮮な表情が満載。多くのファンが喜びの声をあげた。彼らの出演ミュージカル『クレセント・ウルフ』のストーリーが織り込まれた圧巻の映像に、リピート再生の手が止められないファンも多いのではないだろうか。

アイドリッシュセブン『Crescent rise/TRIGGER』MV FULL

 名作『三日月狼』をリメイクしたミュージカル『クレセント・ウルフ』は、主役を八乙女楽、主要な役を九条天と十龍之介、とTRIGGER3人が揃って勝ち取った。「Crescent rise」はその話題作の主題歌であるため、他のMVとは少し違う役柄上の彼らを見ることができる。弱った表情、無邪気で優しい微笑み、悲痛な叫び……これまでTRIGGERのMVでは描かれてこなかった姿に心掴まれた人も少なくないだろう。

 MVの要所要所に重要かつ意味深な台詞が挟まれているのも衝撃的だ。劇中の役の台詞であっても、それが彼らの本心とシンクロしているように感じられる。今のTRIGGERが運命的に出会った作品『クレセント・ウルフ』は、彼らにとってもエポックメイキングな作品になりそうだ。

 もちろん、TRIGGERとしてのパフォーマンスも随所に見ることができる。彼ららしい完璧なダンスは健在。役柄から離れたアイドル・TRIGGERがスタイリッシュに踊る姿は、やはり煌めきに満ちている。

 今回のMVは『クレセント・ウルフ』の主演である八乙女楽がメインに据えられ描かれるが、誰が中心にいてもTRIGGERが求心力を失うことはない。九条天という絶対的なセンターが設定されていたとしても、3人が同等に魅力を発揮することができる。それは実力だけでは成し得ない。3人の信頼とバランスが調和しあってできていることなのだ。アイドルがグループとして活動することの意味や意義を、今回のMVから改めて感じることができる。

 楽曲としても、「Crescent rise」は耳が楽しい一曲だ。『クレセント・ウルフ』の主題歌らしく、何かを予感させるイントロには否応なしにドキドキさせられる。薄暗いムードを打ち破るかのように希望的で力強いサビにはカタルシスを感じられるし、3人のハイトーンが重なり合うコーラスにはこの3人でなければ作れない圧倒的な世界観がある。物語性の強いミュージカル楽曲でありながら、TRIGGERが魂の叫びを歌に乗せ、己の個性と演技力を両立させているという点でも唯一無二の一曲と言えるだろう。

 また今回のシングルに同時収録された「Treasure!」は、これまでのTRIGGERにはない、情熱的で男らしい部分を前面に出した楽曲だ。疾走感のあるメロディと胸を激しく打つようなベースラインに3人のボーカルが合わさり、曲が荒々しく身体を駆け抜けていく。サビの3人のユニゾンは、まるで一つの声のように溶け合った一体感があり、今のTRIGGERのチームワークの良さを実感させられる。少し前のTRIGGERでは、絶対に歌われることがなかった曲と言ってもいい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる