『Mステ』初出演の緑黄色社会、幅広い層に広がる「Mela!」から伝わるエネルギー ボーカルを軸とした吸引力がバンドの魅力に

『Mステ』初出演の緑黄色社会、幅広い層に広がる「Mela!」から伝わるエネルギー ボーカルを軸とした吸引力がバンドの魅力に

 「Mela!」のヒットで注目度急上昇中の緑黄色社会が、11月27日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に初出演し、同楽曲を披露する。

 緑黄色社会は、男女混合の4人組バンドで、ロックとポップスの境目を感じさせない、スケール感あるバンドサウンドが持ち味。長屋晴子(Vo/Gt)、小林壱誓(Gt/Cho)、peppe(Key/Cho)、穴見真吾(Ba/Cho)のメンバー全員が作曲を手掛けることもあり、曲調も多彩だ。さらにボーカル以外のメンバー全員が“歌心ある”コーラスが出来るところも強い。前述したスケール感に一役買っている。そんなカラフルなサウンドの中で、軸になっているのが「歌」と「メロディ」である。ポップなメロディをダイナミックに聴かせる長屋のパワフルなボーカルが、このバンドの最大の魅力だが、そこに加えて素晴らしいのは、長屋のボーカルを軸とした楽曲全体の吸引力だ。キャッチーなメロでひきつけ、圧倒的なエネルギーで聴く者をとらえ、そして最後まで離さない。

 「Mela!」は「♪ラララ ラララ♪」と繰り返される軽快なコーラスも楽しい、ダンサブルなアップチューン。ホーンを取り入れたゴージャスで遊び心あるアレンジも印象的。ファンクやディスコのティストを散りばめながらも、今時のジャストなグルーヴで躍らせるバンドのスキルもお見事な1曲だ。

 同曲は、4月に配信リリースされた緑黄色社会のフルアルバム『SINGALONG』(9月にCD盤が発売)収録曲。同アルバムは配信リリース時に、iTunes総合ランキング、iTunes J-POPランキング、LINE MUSICアルバムリアルタイムランキングでそれぞれ1位を獲得している。そんな中、「Mela!」が「パルティ カラーリングミルク」CMソング、さらに『スッキリ』(日本テレビ系)の「ひとつになろう!ダンスONEプロジェクト」課題曲に起用されたのをきっかけに、長屋の歌声が広がっていった。現在、ストリーミング再生回数2,200万回を突破、MV再生回数は間もなく1,500万回に手が届きそうになっているが、今もなお、両方の再生数が伸び続けているから驚きだ。テレビを通じて若年層だけでなく、幅広い年齢層に「Mela!」が広がりつつあると言えるのではなかろうか。

緑黄色社会 『Mela!』Music Video / Ryokuoushoku Shakai – Mela!

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる