Girls²が語る、大人っぽさと遊び心で魅せる『大事なモノ / #キズナプラス』 振付のポイントやメンバーのファッション事情も

Girls²が語る、大人っぽさと遊び心で魅せる『大事なモノ / #キズナプラス』 振付のポイントやメンバーのファッション事情も

 Girls²が11月18日に2nd EP『大事なモノ / #キズナプラス』をリリースした。キッズたちを中心に大人気のドラマ『ガールズ×戦士シリーズ』からデビューしたシンデレラガールズたち。そんな彼女たちがシリーズ第4期となる『ポリス×戦士 ラブパトリーナ!』(テレビ東京系)のオープニング曲「大事なモノ」を歌う。さらに竹下通りの公式イメージソングに選ばれた「#キズナプラス」、そしてアパレルブランド『WEGO』とコラボした「HERE WE GO」と、魅力的な楽曲がギュッと詰まった作品になっている。

 「大事なモノ」には『ポリス×戦士 ラブパトリーナ!』の主役キャストメンバーによる新ガールズグループ・lovely²のメンバーも参加し、新たな歌声をプラス。Girls²ファンにとっても新鮮な1曲に仕上がっている。

 そこで今回はGirls²の9人にインタビューを行った。各楽曲の聴きどころ、竹下通りの思い出、ファッションについてなど、青春ガールズトークで盛り上がった。(佐藤結衣)【インタビュー最後にプレゼント情報、オリジナル動画あり】

「大事なモノ」13人ならではのシンクロダンスに注目

ーー今回のEPは収録された3曲全てが話題作ですが、リード曲である「大事なモノ」を最初に聴いたときにはどんな印象を持ちましたか?

鶴屋美咲

鶴屋美咲(以下、鶴屋):「大事なモノ」のデモテープを初めて聴いたのが、ちょうど自粛期間真っ只中で、歌詞が今の状況に合っているなと思いました。〈今だけは今にしか 出来ないことがあるから〉とか〈届く距離に来れたね〉というフレーズを見たときすごく感動して、今こそこの楽曲を歌う意味があるんだなと思って、気持ちを込めて歌おうと思いました。

小川桜花(以下、小川):私も〈今だけは〜〉のところが一番好きですね。前にお母さんからLINEで「この曲を聴いてほしいです。それでは聴いてください『大事なモノ』」って来たことがあったんですよ(笑)。お母さんにも歌詞が刺さったようで、よく意味を理解して歌うように心がけました。

鶴屋:ライブがなかなかできない状況が続いて、この曲を聴いて、「できない」じゃなくて「これはできる」みたいなことを意識するようになりました。SNSで発信を頑張ったり、オンラインならではのライブを考えたり……「今しかできないことってなんだろう」って前向きになれる曲です。

隅谷百花(以下、隅谷):私もみんなと同じでサビの〈今だけは〜〉っていう歌詞が一番好きですね。

山口綺羅(以下、山口):慣れない状況に疲れちゃったり、イベントがなくなっちゃってイライラしちゃったりしたときに聴いてほしいなって思います。私も、たまにちょっとだけ、そういう気分になることもあるので、特にサビの歌詞に勇気づけられています。私たち自身も希望をもらえた楽曲なので、皆さんにもきっと届くものがあると思います。

菱田未渚美(以下、菱田):私は、この曲を聴くと落ち着く感じがします。居心地がいいというか。

原田都愛(以下、原田):私も、お気に入りは落ちサビ(最後のサビ前)の部分です。結構しんみりしているというか、落ち着いている部分があるので、そこが一番歌詞の意味が入りやすいかなって。

Girls² – 大事なモノ(Daijinamono) Dance Performance Video YouTube ver.

ーーパフォーマンス面では何か意識されていることはありますか?

小田柚葉(以下、小田):今までと違った大人っぽさが全面に出ていて、私たちもちょっと成長した感じを見せられたらなと思います。

石井蘭(以下、石井):今回は9人に加えて、lovely²の4人の声も入っているので、それがすごくいい味が出ていたというか。年齢的にも幼い歌声なので、一味違った感じに完成したんじゃないかなと思います。

増田來亜(以下、増田):Girls²はふだんポップでキャッチーな楽曲が多いんですが、今回はカジュアルでナチュラルな雰囲気を意識しています。振り付けもいつもなら可愛らしくて踊りやすい楽曲がメインなんですが、今回は手足を長く使って、シンクロダンスのようなキレイに揃えた振り付けが多くなっています。13人ならではだなっていう映える振り付けなので、MVとかでもそういうところを感じてもらえたら嬉しいです。

山口:揃ったときは本当に気持ちいいですね。思わず、みんなで「おーっ!」って言っちゃいました。

原田:YouTubeにもダンス動画が上がっているんですけど。そのコメント欄にも「シンクロしてる」って書いてくださっている方を見かけて嬉しかったです。

増田來亜

ーー揃える上で、大切にしているところはありますか?

鶴屋:やっぱりみんな背丈が違うので、手足を伸ばし切って大きく見せるところは意識しましたね。

隅谷:タイミングや力の入れ方、方向が合うだけで、長さが気にならなくなってシンクロして見えるんですよ。

菱田:あと MVはセットにも注目してほしいです。Girls²にとって“「大事なモノ」=ステージ”という意味が込められいて、MVではステージの上でパフォーマンスをしていているんです。そういう裏ストーリーみたいなのも感じていただきたいです。

小川:そうなんです。私たちみんなデビューする前から、いろんなイベントやステージに立たせてもらってきて。そこで学んだり成長してきたので、私たちにとって「大事なモノ=ステージ」というコンセプトに繋がりました。ホールみたいなところを借りて、豪華なステージになって。

山口:本当に豪華で、そのままライブができそうな感じでした。メイク中にステージの様子が見られる画面があったんですけど、それを見ながらみんなで「すごい!」ってワクワクしました。

原田:やっぱりステージ感があるといつも以上に揃った感が出たよね。早くライブやりたいなって思いました。

鶴屋:lovely²はやっぱり緊張していたので、みんなでたくさんコミュニケーションを取って本番に挑みましたね。桜花がやっぱり人気でした。どこに行っても子どもたちから好かれる印象でしたが、lovely2のメンバーもやっぱり桜花のことが大好きで。

小川:私、笑いのツボが浅いから、すぐ一緒に笑っちゃうのがいいのかもしれない(笑)。

鶴屋:桜花のおかげで、みんな楽しそうだったよ!

Girls² – 大事なモノ(Daijinamono) YouTube ver.(MV/Commentary)

ーーレコーディングでの思い出はありますか?

小川:基本的には1人ずつバラバラでレコーディングしました。だから、完成してからみんなの声を聴くっていう感じで。

鶴屋:そのほうが恥ずかしくないので、私は集中できて好きです。

原田:でも私、(鶴屋の声を)聴いていました。

鶴屋:え! 本当に!?

菱田:私も前の人の歌声を聴いて勉強しました。「こうやって歌っているのか」ってわかったら、ちょっと合わせてみたりとかもできるので。

石井蘭

石井:「大事なモノ」は難しかったという印象で。歌っている時も声が出しづらかったりとか、自分はそういうパートが多かったので結構練習は苦労しました。

小田:私も〈過ごせたらいいね〉という歌詞の部分は、音程を取るのがすごく難しかった。あとは〈少しふくざつになって〉が、すごく高くて出しづらかったな。

石井:柚葉のパートが一番難しそうだった!

増田:高音パート結構よく任されてるよね。

小田:そうなんですよ、いつも私、高いパートを任されるので。「そろそろ低いパートやらせてください~」って気持ちです(笑)。

石井:そもそもGirls²の楽曲、全体的にキーが高いんですよね。うまく地声で高いパートを歌える人数が限られてくるので。そうなると柚葉、百花、美咲にそういうパートが集中しますね。私は柚葉のパートを地声じゃ歌えないです。

小田:歌割りはスタッフの方が決めてくださってるんですけど、うまく音域の得意なところを汲み取って割り当てられているなって思います。

石井:私は低音パートを担当ですね。レコーディングでは、たまに掛け声を録るときに、高い声や低い声を出してみるときがあるんですけど、私はそこでも毎回重低音を3つくらい出す感じです(笑)。

増田:蘭ちゃんの声の特徴的に、その音域がよく聴こえるんだと思うよ。

鶴屋:たしかに、蘭ちゃんの声すごく聴こえるよね。

菱田:うん、Aメロとかの部分で聴こえる!

小川:不思議と「この曲は、この子の声がすごく聴こえるね」みたいなのがあるんですよね。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる