LiSA、『鬼滅の刃』での推しキャラは煉獄杏寿郎 自ら「歌柱 腹式呼吸 八重歯型」を名乗る

 LiSAが、11月22日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演した。

LiSA『LEO-NiNE』(通常盤)
LiSA『LEO-NiNE』(通常盤)

 『鬼滅の刃』の大ファンである高橋尚子のため、LiSAはゲスト出演。2人が会うのは2度目で、LiSAの小学校の校長先生が高橋尚子の父親だという。岐阜県の同郷で育ったLiSAは「岐阜には高橋尚子さんというヒーローがいるよ」と教えられてきた。LiSAは『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』の主題歌「炎」を歌唱。映画を鑑賞した後藤輝基(フットボールアワー)は「ストーリーにリンクした歌詞で、映像も今思い起こしてる」とコメントした。

 LiSAは2年前のベストアルバムリリース時に30代に突入し「私、このまま歌を歌い続けていいのかな」と悩んでいた時期があった。「こんなにも幸せなのにつらい気持ちがあるんです。誰かに話しても分かってもらえない」と新たなステージに孤独と恐怖を覚えていた。そんな時にベストアルバム発売を祝しメッセージをくれたのが天海祐希。「重ねていくということは1人の女性として、孤独を背負うということですけど、孤独でもその孤独を是非楽しんでください」という文面がLiSAの心に強く刺さった。当時の心境をLiSAは「心強くなりました。私はそのメールが嬉しくて、スクリーンショットして自分の画像フォルダに入れてます」と明かす。その1年後に作詞したのが「紅蓮華」だ。LiSAは天海祐希からのビデオメッセージに号泣。「歳を重ねていくと、若かった頃にできなかったこともできますが、できなくなっていくことも多い。何を選んで、何を捨てていくのか。悩まれる時じゃないかと思って、孤独を楽しむことで自分ともっと友達になれたりすることもある」という天海の言葉に、LiSAは「天海さんに出会って年を重ねていくことが楽しみになったんです」と笑顔を見せた。

 LiSAは「20代で全力でぶつかって目の前にあることを一生懸命で、向かう先に幸せが待っているとたくさん感じさせてもらったんですけど、1人になると寂しくなる。ステージでたくさんの人と一緒にいるからこそ、素に戻った時に自分はいつまで続けていける? って終わりを数えだしてしまった」と語る。爆発的ヒットを飛ばす今の状況に、「きっかけの一つでもあるんですけど、歩いてきた先にまだすごい未来が待ってるのが今回すごく体感できたので、だったら自分が行けるところまで行ってみたい」とポジティブに捉えることができるようになった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる