原嘉孝、『両国花錦闘士』の主役に抜擢 高田翔、寺西拓人……舞台で活躍する“演技派”ジャニーズJr.

ジャニーズJr.

 少しでもジャニーズに興味がある方なら、「ジャニーズの真骨頂は舞台にある」と聞いたことがあるのではないだろうか。ジャニーズ事務所では歌、ダンス、フライング、アクロバットなどが詰め込まれた『ジャニーズワールド』、『ジャニーズアイランド』はもちろん、ミュージカルやストレートプレイなどの作品も数多く上演。メディアでも活躍しているKAT-TUNやNEWS、関ジャニ∞などのメンバーも、定期的にジャニーズ事務所内外の舞台に出演している。それはジャニーズJr.たちも同じだ。日々様々な舞台で腕を磨いている彼らは、ある意味ジャニーズ事務所を支えるメンバーであると言っても過言ではないだろう。そこで、今回は舞台で活躍するジャニーズJr.を何人かご紹介したい。

高田翔

 劇団四季の『ライオンキング』に出演した経歴を持つだけあり、ジャニーズJr.の中でも精力的に演技の仕事に取り組んでいる高田翔。高い演技力が評価されて数々のドラマに出演してきた彼は、『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』でお茶の間での知名度も上げたのではないだろうか。もちろん、舞台への出演も豊富で、ジャニーズで受け継がれている『滝沢歌舞伎』や『PLAYZONE』、『Endless SHOCK』にも出演。その他にも2016年のミュージカル『グレート・ギャツビー』や舞台『「BOSS CAT」〜シャルル・ペロー「長靴をはいた猫」より〜』、『ザ・フォリナー』、朗読劇『九十歳。何がめでたい』など、多種多様な作品で活躍を見せている。彼の演技の特徴は、各作品ごとに新鮮で変幻自在なところだろう。そして、その変幻自在さは努力の賜物である。舞台で共演した江田剛は「翔は本当に勉強熱心で、稽古が終わってからの自由時間にも、(婚約者同士を演じる小島梨里杏と)2人で話し合っていました」と話したことがある。日本だけでなく、世界でも活躍できる役者が将来の夢という高田。ぜひジャニーズ仕込みの演技を世界に知らしめていってほしい。そして、「これから舞台、演劇だけでなく色々な場面で活躍していきたいと思っています!!」とも本人が語っているように、幅広い場面で活躍してくれることにも期待したい。

寺西拓人

 寺西拓人もまた、ジャニーズ伝統の『DREAM BOYS』や『Endless SHOCK』で腕を磨いてきたメンバーだ。『THE CIRCUS!』シリーズや『Rodgers/Hart』など、その他の舞台経験も豊富で、2019年には『マラソン』で初主演。11月29日からは『Now. Here. This.』への出演も控えている。その演技力を活かし、近年ドラマにも出演しており、『ストロベリーナイト・サーガ』や『ボイス 110緊急指令室』での演技も話題になっていた。こうして様々な役を演じられる寺西だが、個人的にミュージカル作品でこそ、彼の魅力が輝くように思う。というのも、寺西拓人が出演している舞台を観に行った際、その歌唱力に驚いたからだ。ISLAND TVにアップされているギターの弾き語り動画「勝手に君と…Milky way」、「勝手に『ね、がんばるよ』」を是非チェックしてみてほしい。伸びやかかつ爽やかな歌声が耳に心地よい。さらに、先輩のコンサートでバックを務めてきただけあり、ダンスも上手い。寺西にはジャニーズが誇るミュージカル俳優として、ぜひその名を轟かせてほしいものだ。