日向坂46 高本彩花、21歳は“変化の年”だったーーモデル、バラエティだけでなく演技でもみせた活躍

 日向坂46の高本彩花が、11月2日に22歳の誕生日を迎えた。高本は、日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』(以下、『ひなあい』/けやき坂46時代は『ひらがな推し』)で司会のオードリーから「おたけ」の愛称で親しまれており、オードリー若林正恭の贔屓メンバーだ。今回はそんな高本に注目したい。

日向坂46『ひなたざか』(通常盤)
日向坂46『ひなたざか』(通常盤)

 2016年5月にけやき坂46の一期生として加入した高本。ファッション誌『JJ』の専属モデルを務めており、抜群のスタイル、雑誌やグラビアで見せる表現力の高さ、さらには美容へのストイックな姿勢などから、女性からの人気も高い。ただ、けやき坂46の冠番組『ひらがな推し』がスタートした当初は、まだ自分の個性がわからず悩んでいたという。そんな中で転機となったのが『HINABINGO!2』(日本テレビ)だ。高本の“お姫様になりたい”という思いが企画に繋がり、“あやちぇりランドのお姫様”というキャラクターを確立。それ以降、自身の個性の引き出し方を見つけたという(『MARQUEE vol.135』より)。

 そして高本といえばおバカキャラとしても知られている。『ひらがな推し』時代には「かしこ&おバカセンターは誰? 学力テスト」が行われ、ワースト3位に。そんな高本のおバカキャラを払拭するため、『ひなあい』では「おたけのおバカキャラ払拭!リモート学力テスト」という企画も行われた。さらに同番組の宮崎ロケ企画の一環として行われた「ぐるぐるバット20m走対決」では、グルグルバッドで目が回り思わず転倒。その際に「私ビックリしました。空が上にあって」と名言を残した。美への探究心が高い反面、こうした飾らない性格がファンを惹きつけるのだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる