現役高校生シンガー RAKURA、デビュー初インタビュー “Z世代”ならではの自己表現とアーティストとしての展望を聞く

現役高校生シンガー RAKURA、デビュー初インタビュー “Z世代”ならではの自己表現とアーティストとしての展望を聞く

 感情表現豊かなボーカルで魅了するシンガーがまたひとりシーンに登場した。福岡出身。17歳。現役高校生。彼女の名前はRAKURA。デビュー曲「Unforgiven」は、TOKYO MX 新月曜ドラマ『片恋グルメ日記』のエンディングテーマとしてすでにオンエアされている。彼女は、Z世代のクリエイターをバックアップする、Being Group内に新設されたレーベル<asistobe>の第1弾アーティストでもあり、今後、海外発信も期待されている。今回はRAKURAの音楽遍歴を辿りつつ、デビュー曲の作詞・作曲・編曲を手掛けたプロデューサーのRa-Uにも同席してもらい、「Unforgiven」の制作を通じて感じたRAKURAの魅力や、今後の目標まで、たっぷりと語ってもらった。(猪又孝)

音楽への目覚め〜ミュージカルやダンスで培われた音楽的素養

RAKURA「Unforgiven」Music Video

ーープロフィールによると2歳の頃から音楽教室に通っていたそうですね。

RAKURA:赤ちゃんのときから音楽が流れたら体が動く子だったみたいで。お買い物に行ったらBGMで勝手に踊り出す、みたいな。それを見てお母さんが、この子はそういうことが好きなんだと思って、音楽教室に入れたみたいです。

ーーさらに3歳からはミュージカルもやっていたとか。

RAKURA:地元の劇団に入っていたんです。音楽とかダンスが好きだったからもうちょっと本格的に小さい頃から携われるようにやらせてみようかなって親が思ったみたいで。

ーーダンスも習っていたそうですね。

RAKURA:3歳から小学校に入るまではバレエを習っていました。あとタップダンス。劇団ではミュージカルダンスですね。台本に合わせて舞台の上で歌いながら踊るっていう。ダンスは中学のときに別のスクールにも通って、そこではストリートダンスをやってました。ヒップホップとハウスとロックダンスです。

ーー小さい頃から音楽とダンスに親しんでいたんですね。

RAKURA:だから中学校を卒業するタイミングでの進路相談のときに、ずっとやってきたのが歌とダンスとお芝居の3つだったので、その道に進むことしか考えてなかったんです。特に歌が好きだったから、高校は音楽の専門学校に進学したんです。

ーー小学生の頃はどんな音楽を好んで聞いていましたか?

RAKURA:携帯電話を持っていなかったので、しょっちゅう音楽を聴いていた感じじゃないんですけど、ディズニー系の音楽が好きでした。ミュージカルの曲とか映画の曲とかを覚えてカラオケで歌っていました。

ーー最初に買ったCDは何ですか?

RAKURA:CDは買ったことないです。

ーー家にCDプレイヤーはありますか?

RAKURA:以前はありました。親が持っていたので。

ーー周りにCDを買う友達はいましたか?

RAKURA:小学校の頃はいなかったです。今は音楽専門学校なので、誰かのファンだからCDを買うっていう子はいますけど。

ーー最初はどのようにして音楽を聴くようになったんですか?

RAKURA:YouTubeです。中学に入ってから自分で使えるネット環境ができたので、YouTubeで検索して、関連動画に出てくるものを聞いていくっていう。

ーーその頃、ハマったアーティストは?

RAKURA:まずハマったのはRUANNちゃんです。私はオーディション番組……たとえば『Got Talent』とか、自分と同年代の子たちが活躍している動画を見るのが好きで。そういう動画でRUANNちゃんを見つけて、彼女の路上ライブの映像を観たりしてました。

ーー“新譜を出したら絶対チェックしちゃう!”というアーティストは?

RAKURA:RIRIさんとSIRUPさんとiriさん。海外だとアリアナ・グランデとか。R&Bをベースにした曲が好きで。グルーヴ感のあるものとか、メロウな感じの曲とか。あとはメロディに高低差のある曲。レンジの広くて、ハイトーンボイスで歌い上げる曲とかフェイクをたくさん使ってる曲とかが好きです。

ーー影響を受けたアーティストは?

RAKURA:Siaです。歌詞と声に引き込まれて。洋楽を聞くときは歌詞の日本語訳を調べて聴くんですけど、Siaは記事とかもいろいろ見たりして、壮絶な人生を知れたし、あの独特の声を私の音楽にも取り入れたいなと思って、高校の課題曲にSiaの曲を選んだりしました。

ーーSiaとの出会いは「Chandelier」ですか?

RAKURA:そうです。あのMVはすごく衝撃でした。あの少女のダンスがすごくて、他の映像も見ました。全身で表現する感じがとても好きです。

ーー私のヒーローというようなアーティストはいますか?

RAKURA:いません。憧れることはあるんですけど、その人になりたいとは思わなくて。「この人はこういうところがすごい」「この人はこれがすごい」っていうのはたくさんあるし、研究もするんですけど、自分は自分というか。RAKURAっていうジャンルのようなアーティストをめざしているので、この人が目標っていうふうに決めずにやっていきたいんです。

ーーRAKURAさんのYouTubeチャンネルには、ギターの弾き語り動画が投稿されていますが、ギターはいつから始めたんですか?

RAKURA:高校生になってからです。どこでも歌えたらかっこいいなと思って。あと高校にはバンド科もあってギターを弾ける子がたくさんいたので、それを見てたらかっこいいなと思って始めました。

ーー普段、曲作りはギターを使うんですか?

RAKURA:最初はギターで曲作りをしたかったんですけど、自分のメロディにどのコードが合うのか全然わからなくて。そもそもギターは上手くないんですよ。コードの知識もないし、作曲の知識もないから。だから、メロディを友達に送って、コード進行を書いてもらって、それを弾くっていうやり方をしてたんです。でも、DTMもやりたいなと思って、最近はパソコンで作曲するようになりました。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる