Da-iCE、ビッケブランカ VS 岡崎体育……メンバー/アーティスト同士の創造性に溢れたケミストリー 新譜からピックアップ

 6カ月連続リリースの第3弾となるDa-iCEのニューシングル『image』、ビッケブランカ VS 岡崎体育によるコラボシングル『化かしHOUR NIGHT』など4作品をピックアップ。メンバー同士、アーティスト同士の創造性に溢れたケミストリーが実現された新作を楽しんでほしい。

Da-iCE『image』(CD+DVD)
Da-iCE『image』(CD+DVD)

 “五感で感じるエンターテイメント”をテーマに掲げた、Da-iCEの6カ月連続リリースの第3弾となるニューシングル『image』が到着。花村想太の作詞・作曲による表題曲は、恋の始まりからプロポーズまでを描いた壮大にしてエモーショナルなラブソング。最新のR&Bテイストを感じさせるトラック、叙情的なメロディライン、そして、“このままずっと愛していると誓う”という思いを真っ直ぐに告げるリリックが心地よく絡み合い、聴く者をロマンティックな気分へと誘う。気持ちよく突き抜ける高音が印象的な花村のボーカル、濃密な感情を力強く響かせる大野雄大の歌声のバランスも見事。大サビの直前に挿入されたゴスペル風のコーラスも、楽曲の祝福感をしっかりと増幅させている。

image
ビッケブランカ VS 岡崎体育『化かしHOUR NIGHT』(CD)
ビッケブランカ VS 岡崎体育『化かしHOUR NIGHT』(CD)

 夜な夜なオンラインゲームで交流を深めたというビッケブランカと岡崎体育のコラボシングル。表題曲「化かしHOUR NIGHT」は、〈こうやって何十年もばかしていたいね〉というフレーズが高らかに響く友情ソング。シーンに属さず、独自のスタイルとメソッドで音楽シーンを駆け上がってきた2人の姿を投影した歌詞にグッとくる。ミックス・エンジニアにはカイゴ、リタ・オラなどの作品を手がけるジョシュ・カンビーを起用、EDMの進化型と称すべきダンスチューンを体現。日本のポップスを担う才能が交差した、おもしろカッコイイ楽曲に仕上がっている。両者の交流、シングル制作のプロセスなどをユルく語り合ったオーディオコメンタリー(喋りもめちゃくちゃ面白い!)も収録され、エンタメ感もたっぷり。

ビッケブランカ VS 岡崎体育 / 『化かしHOUR NIGHT』(official music video)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる