Poppin’Party、修行期間の成果を爆発させた『8th☆LIVE』最終公演レポ 全身で伝えた音楽を心から楽しむ姿勢

Poppin’Party、修行期間の成果を爆発させた『8th☆LIVE』最終公演レポ 全身で伝えた音楽を心から楽しむ姿勢

 2019年5月にメットライフドームで行なったSILENT SIRENとの対バン2DAYS『Poppin’Party×SILENT SIREN「NO GIRL NO CRY」』以降、怒涛の修行期間をスタートし、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』や『COUNTDOWN JAPAN 19/20』といった大型フェスに出演。アニメ/ゲーム文化の外に飛び出して、様々なステージに立ったPoppin’Party。彼女たちが初のワンマン2DAYS公演『BanG Dream! 8th☆LIVE「Breakthrough!」』を開催した。

Poppin'Party 愛美
Poppin’Party 愛美

 このライブは、修業期間を終えた5人が初めて立つワンマンライブのステージ。同時に、今年8月の富士急ハイランドでの『BanG Dream! 8th☆LIVE 夏の野外3DAYS』に続いて、新型コロナウイルス禍でも観客の安全を確保するためにキャパシティを大幅に制限した、コロナ禍でのライブ体験を模索する『8th☆LIVE』の最終公演にもなっている。約1年半で様々な経験を積んだメンバーが、自分たちのホームでその成果を伝える舞台となった。

 今回は最終日にあたる10月9日の「ドキドキ♪Special Day!」をレポートしたい。

 ライブは冒頭、スクリーンに修業期間中の様子を映す形でこれまでの道のりを振り返った後、「Poppin’Party NEXT STAGE」の文字が映し出されて本編がスタート。メンバーがアニメ『BanG Dream! 3rd Season』のカラフルな衣装で登場し、「Breakthrough!」で一気に会場を盛り上げる。

 この日まず印象的だったのは、5人の演奏がぎゅっと引き締まった、これまで以上に勢いやライブ感を大切にしたものに感じられたこと。近年のPoppin’Partyはアリーナ~ドームクラスの公演や野外公演が多かったこともあり、この日のライブはどっしりとしたスケール感よりも、演奏の一体感や演奏することの楽しさをストレートに表現するような雰囲気だ。

 2曲目は大塚紗英のギターからはじまる、彼女が演じる花園たえと他メンバーの絆を描いた「Returns」。続く「イニシャル」では、歌い出しから手拍子が生まれ、戸山香澄役の愛美を筆頭にメンバーひとりひとりにライトが当たり、最後にスクリーンを5分割して全員が映し出される演出も含めて、Poppin’Partyの“バンドとしてのカッコよさ”を全身で伝えるようなステージが続いていく。

Poppin'Party

 一方Poppin’Partyらしさを象徴するエピソードとして、アニメ3期の5話でメンバーや周囲の人々の映像をコラージュしてMVをつくった「ぽっぴん’しゃっふる」では、その映像を流しつつ、それまでステージの奥側で演奏していた大橋彩香&伊藤彩沙もよりステージの前面に。5人の距離がより近くなり、演奏にもますますポップな一体感が生まれていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる