SixTONES、『TrackONE -IMPACT-』発売直前 “思わず骨抜きにされる”ライブ演出を解説

 10月14日発売にSixTONESのLIVE DVD/Blu-ray『TrackONE -IMPACT-』が発売される。リリースに先駆けて、SixTONESのYouTubeチャンネルでは、『「TrackONE -IMPACT-」ビジュアルコメンタリーのダイジェスト映像(YouTubeオリジナルVer.)』と題し、特典映像の一部を公開した。発売に向けてメンバーもファンも盛り上がりをみせている。ここで改めてSixTONESライブの魅力を振り返ってみたい。

SixTONES
SixTONES

 SixTONESライブの魅力は、なんといってもパフォーマンスの完成度の高さにある。10代でデビューするグループも珍しくない中で、SixTONESは全員が20代でのデビュー。若かりし頃から先輩のバックダンサーに加えて、ジャニーズJr.が合同で出演する『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)や、『SUMMER STATION』など数々のステージに立ってきた。また、単独コンサートとしては、2019年『CHANGE THE ERA -201ix-』で3都市10公演、『Rough “xxxxxx”』では14都市19公演のツアーを完走。場数を踏んできただけに、歌にダンス、トークと抜群の安定感を誇る。

 またステージ演出も、世界観に迷いがないのがSixTONESらしい。『CHANGE THE ERA -201ix-』横浜アリーナ公演では、スモークが焚かれたメインステージから登場するかと思いきや、照明に誘われるがまま視線を移すと、会場の中央上、同心円状のゴンドラからゆっくりと登場。振り返ってみれば、ジャニーズJr.東京ドーム単独公演『8・8祭り』でも、彼らは気球に乗って現れる鮮烈なインパクトを残した。オープニングから気が抜けないのもSixTONESのステージの特徴だ。

 楽曲の構成も独特で、『CHANGE THE ERA』の一曲目はちょっと意外な「Hysteria」。胸元が少しはだけたシャツスタイル。ステージに降り立つと、ジャケットを手にしてスタンドミラーの前に立つ。照明を最小限にとどめ、彼らを照らす艶やかなピンク色の照明によって色気が増す。〈二人の部屋はまるでParadise〉と歌う彼ら。秘密めいた空間を演出した。単なる衣装替えではなく、楽曲の世界観を踏まえた振り付けを盛り込んだストーリー性の高い演出。一曲目からこんな骨抜きにされちゃったら身が持たない……。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる