三代目JSB『CDTVライブ!ライブ!』でマイナビBLITZ赤坂から生ライブ 思い出の地でのオーディションから10年の歩み

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE『Movin’on』

 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE(以下、三代目JSB)が、9月21日に放送される『CDTVライブ!ライブ!秋のリクエストフェス・ラブソング4時間SP』(TBS系)に出演。デビュー10周年を記念し、メンバーの今市隆二と登坂広臣がかつてボーカルオーディションに合格した思い出の地・マイナビBLITZ赤坂から、スペシャル生ライブを届ける。

 2010年の夏に放送された『週間EXILE』(TBS系)において、EXILEの前身となったダンス&ボーカルユニット・J Soul Brothersが新たなメンバーで復活することが発表された。ユニットの名前は、三代目 J SOUL BROTHERS。発表の時にはすでに、EXILEのNAOTOと小林直己(当時はNAOKI名義)、劇団EXILE風組のメンバーだったELLYの加入が決定していた。そして、同年の2月に始動したEXILEのボーカルオーディション『EXILE presents VOCAL BATTLE AUDITION 2 ~夢を持った若者達へ~』を勝ち進んだファイナリスト10名の中から2名が三代目JSBのボーカルに選出されることが明らかに。現在はGENERATIONS from EXILE TRIBEで活躍する数原龍友や片寄涼太、劇団EXILEの八木将康、鈴木伸之ら実力派のライバルが揃った応募者約3万人の中で、今市と登坂は見事合格。その夢への切符を手にした最終ライブ審査が、10年前の9月15日にマイナビBLITZ赤坂で行われたのだ。

 二人がボーカルの座を射止めた後、ダンスを通して知り合ったNAOKIからオーディションに誘われ、合格した岩田剛典とELLYと同じく劇団EXILE風組のメンバーだった山下健二郎も合流し、今市と登坂は合格からわずか数日で三代目JSBの一員として活動をスタートさせた。オーディションに合格するまで芸能活動を行っていなかった二人。周りからは“シンデレラボーイ”として映るかもしれないが、デビューするまでの道のりも、デビューしてからの日々も平穏なものではなかった。今市は20歳の頃、『VOCAL BATTLE AUDITION』(2006年)にも参加しているが、残念ながら2次選考で落選している。三代目JSBのボーカルに選ばれる以前は日々オーディションを受け続け、その数なんと100回以上。自身がMCを務めた番組『LOVE or NOT♪ 』(FOD)で「落ちすぎて、落ち慣れしてました」と語るほど、スター街道を歩む現在の姿から想像できないほどの苦労人なのだ。一方、アパレルショップで働いていた登坂は、オーディションに合格してから生活が一変。最終ライブ選考から三代目JSBの1stシングル『Best Friend’s Girl』をリリースまでの約2カ月間、多忙なスケジュールをこなした結果、血尿が出たことを『アナザースカイ』(日本テレビ系)で明かしている。

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE / Best Friend’s Girl

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる