BiSH ハシヤスメ・アツコ、展覧会『SCHOOL OF WACK』の魅力を語る 「匂い、形だったりだとか、全てを間近で楽しめる」

BiSH ハシヤスメ・アツコ、展覧会『SCHOOL OF WACK』の魅力を語る 「匂い、形だったりだとか、全てを間近で楽しめる」

 BiSH、EMPiRE、BiS、豆柴の大群などが所属する音楽プロダクションWACKのアーティスト41名が参加する展覧会『SCHOOL OF WACK』が、8月21日から31日までPARCO MUSEUM TOKYOで開催。本日、8月20日にメディア向け内覧会が開かれ、BiSHが登場した。

BiSH
BiSH

 『SCHOOL OF WACK』は、「WACKの学校」をコンセプトに、「校長室」「美術室」「パソコン室」「更衣室」「教室」「購買部」などそれぞれのテーマに沿った展示を通じて、WACK所属グループやメンバーの魅力を存分に味わえる内容となっている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 展覧会の見どころを聞かれたアユニ・Dは、WACKのメンバーが毎日約1時間毎に来場して、パフォーマンスやゲームを行う展示コーナー「教室」をお勧め。「メンバーが全員ツナギを着て、ペンキでおもいっきり好き勝手落書きしまくって、唯一無二の最高に荒れている教室になっています」と紹介した。

アユニ・D
アユニ・D

 リンリンは、「更衣室」にあるロッカーを挙げ、「メンバーの学生時代の思い出深い私物が飾ってあるので、どれが誰のかなって見ていただけたら楽しめると思います」とコメント。実際に飾られているピンク色のランドセルはリンリンの私物で、「ピンクが好きで、ピンクウーマンって呼ばれてました」と学生時代の秘話を明かしていた。

リンリン
リンリン

 セントチヒロ・チッチは「美術室」を推薦。「歴史的な絵画に私たちの顔がハメられてて、それがなんとも言えないユニークさで、面白いのでじっくり見てもらえたら。意外と顔がハマってるんだよね」と話すチッチは、ハシヤスメ・アツコの「なんならチッチの裸が見れます!」という声に、「私、裸なんですよ。私の全裸が見れるのでぜひ。ツルッと見てもらえたら」と気恥ずかしそうに記者陣の笑いを誘う。

セントチヒロ・チッチ
セントチヒロ・チッチ

 ハシヤスメは、「更衣室」にアイナ・ジ・エンドが実際に着ていた衣装が飾られていることを知らせる。「本当に着ていた衣装で、ライブもしましたし、MVも撮った衣装を間近に感じられて、しかも近距離まで近づけるので、匂い、形だったりだとか、全てを間近で楽しめる、BiSHを間近で感じられるスポットだと思う」と伝えた。

ハシヤスメ・アツコ
ハシヤスメ・アツコ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる