BiSH、CDのみでリリースした初ベストアルバムが首位に 危うさすらも“確固たる居場所”にしてきた活動の軌跡

参考:2020年7月20日付週間アルバムランキング(2020年7月6日~2020年7月12日)

 2週間前、初週で10万枚を記録したSEVENTEENの『Heng:garae』。先週も余裕で首位をキープし、今週も7位にランクイン。累計セールスはすでに14万枚を突破しました。BTSに続くK-POPスーパーグループの躍進を気に留めつつも、今週はうって変わって、バンドの作品が多いチャートになります。

 2位はMrs. GREEN APPLE『5』、3位TUBE『日本の夏からこんにちは』、5位ハルカミライ『THE BAND STAR』。これらはすべて1万枚を超えるセールスなので(ミセスに至っては5万枚に届きそうな数字!)、世代を問わず、相変わらずバンド作品が強いJ-POPの傾向が伺えます。さらにチャート下位に目を向けてみればOfficial髭男dismが今なおランクインしているのがすごい。ヒゲダンの『Traveler』、実は発売以来40週に渡ってずーっと10位~20位圏内を推移し続けているんですよ。リリースは昨年秋ですが、トータルで考えても、今年一番売れたアルバムのひとつと断言できそうです。

BiSH『FOR LiVE -BiSH BEST-』(初回生産限定盤)

 そして1位はBiSH『FOR LiVE -BiSH BEST-』。こちらも“楽器を持たないパンクバンド”を謳っているので、バンド作品、と括っていいでしょう。基本はエレキギター/ベース/ドラムスで構成されたサウンドが多いし、疾走感や激しさ、ネガティブを原動力とする反骨パワーを押し出した楽曲が多数。反骨、なんていう言葉が今の音楽シーンでどれくらい有効なのかはわかりませんが、ミセスやヒゲダンが“バンド形態のポップス”を軽やかに鳴らしているのに対し、“ステレオタイプなくらい本気のロック”を体当たりでやっているのがBiSHなのだと思います。

 ただ、その“ステレオタイプ”が、本人たちの信じたものなのか、大人がやらせているものなのか。時に炎上も上等と言わんばかりの活動に対して賛否両論あるかもしれませんが、BiSHはまさに存在そのものがセンセーショナルなのであり、「BABYMETALのように完璧な世界観ではないが、BiSHの危うさとハラハラ感がたまらない」という層にとっては強く深く突き刺さるものがあるのでしょう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる