米津玄師、ずっと真夜中でいいのに。がアルバムチャート1&2位 稀代のシンガーたちが象徴する“2020年代の幕開け”

参考:2020年8月17日付週間アルバムランキング(2020年8月3日~2020年8月9日)

STRAY SHEEP
米津玄師『STRAY SHEEP』

 昔からニッパチと言って2月と8月はモノが売れないそうですが、だからこそ、お盆のド真ん中、「すごい!」と声が出てしまいました。今週1位の米津玄師。前作の『BOOTLEG』(2017年)も余裕の初登場1位でしたが、最新作『STRAY SHEEP』は数字が違います。なんと初週で879,768枚。ほぼ90万人に近い人々が彼のアルバムをフィジカルで買い求めており、この記事が出る頃には男性ソロアーティストとしては16年ぶりのミリオンセラーを達成しています。

 周知の通り、“ボカロPのハチ”として創作活動をスタートさせた米津は、長らくネットに強いアーティストとして知られてきました。ニコニコ動画やYouTubeで爆発的に再生される、長い前髪に隠れた表情のよくわからない、ライブは苦手と公言する次世代アーティスト。どこか曖昧なイメージも、おそらく5年前くらいまで普通にあった気がします。

 それでもヒット曲とファンを着実に増やし、より大衆的なタイアップを次々と担当するうちに、彼自身の覚悟も世の中の認識も変わっていきました。特に、「Lemon」のヒットを経て初の『NHK紅白歌合戦』出場を果たした2018年になると、彼のポジションははっきりと次のフェーズに移行します。ネット云々はまったく関係ない、どの世代に支持されるという前置きも不要な、誰もが知る国民的シンガーへと。

米津玄師 MV「Lemon」

 ドラマ『ノーサイド・ゲーム』やラグビーW杯に熱狂した人々が「馬と鹿」を口ずさみ、小学生や幼稚園児までが「パプリカ」を歌って踊る現在。米津玄師のリスナーはネットにもCDショップにも、ラジオやテレビの前にも大勢いるのでしょう。近年のヒット曲をずらりと網羅した『STRAY SHEEP』は、まさに売れるべくして売れた最高のポップミュージック集。そしてこの成功が彼にとって喜ばしいのはもちろん、まだ無名の、ネットを通じて自分の表現を世に出そうとしている若きクリエイターたちにとっても、大きな希望になるのだと思います。

米津玄師 MV「馬と鹿」Uma to Shika
米津玄師 MV「パプリカ」Kenshi Yonezu / Paprika

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる