嵐、『カイト』通算54作目のチャート首位獲得 社会性とパーソナルな側面が交錯する、新たな表情のシングルに

参考:2020年8月10日付週間シングルランキング(2020年7月27日~2020年8月2日)

 2020年12月31日に活動休止を予定している嵐。その嵐と米津玄師という、現在において最大級のコラボレーションが行われているシングルが『カイト』です。2020年8月10日付のオリコン週間シングルランキングで1位を獲得し、シングル通算1位獲得数は54作に更新されました。コロナ禍にも関わらず、推定売上枚数が91万枚というのも驚くべき数字です。

 「カイト」は、2019年12月31日の『第70回NHK紅白歌合戦』で、「NHK2020ソング」として初披露された楽曲です。NHKのYouTubeチャンネルで公開されている、嵐が国立競技場で歌う動画を見ていると、「失われた2020年」の世界線を見ているかのような感覚にも陥ります。オリンピックの開催を前提とした映像なのですから。

NHK2020ソング 「カイト」 スペシャルムービー

 米津玄師が作詞・作曲・編曲を担当した「カイト」では、1番のBメロの〈母は言った「泣かないで」と/父は言った「逃げていい」と〉という箇所に思わずうなりました。歌詞とメロディの両方から一気に押し寄せる抒情性は、「パプリカ」のBメロを連想させるのに充分です。まさに米津玄師という作家の職人芸。そして、嵐のボーカルも「カイト」に呼応して情感が溢れるものになっています。

 さらに響き渡るのが、これまでも米津玄師の楽曲の編曲に参加してきた坂東祐大が手がけたオーケストラ。クラシカルにして、実に格調高い楽曲です。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる