嵐 相葉雅紀、Sexy Zone 中島健人からラブコール受ける「セクシーサンキュー」

 『ミュージックステーション 3時間半スペシャル』(テレビ朝日系)が7月24日に放送された。

 今年初登場となる嵐はデジタルシングル「IN THE SUMMER」と7月29日にリリースとなる58枚目のシングル曲「カイト」を披露。「IN THE SUMMER」について二宮和也は「今回は本当に踊るところはきっちり踊って、歌うところはみんなでノリで歌っていく。メリハリがけっこうある曲だと思うので、我々も久々に踊るので頑張ります!」と意気込みをみせる。松本潤も「久しぶりにリハ室に入りました。Mステバージョンと言いますか、今回のためにいろいろとやらせていただきました」と明かし、大野智が「僕はタモリさんに会えて本当嬉しいです。もう満足です」とコメントすると、二宮が「歌ってください。お願いします」とツッコミを入れた。

 SixTONESは新曲の「NAVIGATOR」を披露。メンバーのジェシーはイチオシの夏うたにKinKi Kids「夏の王様」を挙げ、「サビが『Yo!』から始まるんですけど、そこがキャッチーでとても好きです。よく扇風機の前で聴いていましたよ。3時間くらいですかね」と振り返る。田中樹は「この曲の振り付けは僕たちが『NAVIGATOR』ポーズと呼んでいるポーズがあるんですけど、このポーズを使った振り付けがサビの中でキャッチーな振り付けとして出てくるので、そこに注目して見ていただけたらなと思います」と見どころを解説した。

 嵐の「カイト」歌唱前にはSixTONESの森本慎太郎、Sexy Zoneの中島健人が伝えたいことがあると申し出た。森本は「10年以上前の話になるんですけど、嵐のみなさんにご挨拶に行かせていただいたタイミングがありまして。僕、誕生日だったんです。大野くんに誕生日に釣りに連れて行ってくれると。それ以来行けていなくてですね。お忙しいとは思うんですけど、いつ行けますかというのを聞こうかと思いまして」と明かすが、大野は「そんなこと言った覚えないけど……」とはぐらかして見せる。「じゃあ、行く?」と開き直る大野に、森本も「お願いします。どこへでもついていきます」と返事をし、大野も「じゃあ、行こうか」と約束を結んだ。

 中島は相葉雅紀に向けて「好きです」とラブコールを送り、これに相葉も慣れた様子で「ありがとう。セクシーサンキュー」と返し、中島も素早く「サンキューセクシートゥー!」。我に返った中島が「ちょっと待ってください……」と焦りつつ、「ボクシングジムに行っているんですけど、同じなんですよ。今度、一緒にスパーリングしたいなと思って」と相葉に懇願するも、「ちょっと待って。年の差がすごいじゃん」と拒否される。「そんなことないです」と食い下がる中島に、相葉が「縄跳びとかしようよ」と提案。結果、二重跳び対決をすることに決定した。

 櫻井翔は、Sexy Zoneの菊池風磨に向けた伝えたいことを発表するも、番組アンケートに記載した内容をアナウンサーの並木万里菜が「相変わらず連絡を取っているそうですが、特記すべきことがありません」と読み上げる。「ちょっと! ちょっと! ちょっと! 現場の櫻井さん! これ、親も観てます」と菊池がリモートで櫻井に呼びかけると、「しいて言えば、僕1月生まれなんですけど、つい先日、誕生日プレゼントをもらいました。珍しい、探してくれたんだなというプレゼントを7月にもらいました」と遅すぎる誕生日プレゼントのエピソードを話した。

 「カイト」は作詞、作曲を米津玄師が担当したこれからの時代へ向けた応援歌。松本は初めて聴いた時のことを「不思議と懐かしさを感じる曲でしたね。どこかで聴いたことがあるような気がするメロディというか。日本人が聴いて親しみやすいのかなと思ったりしました」と感想を述べた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!