Snow ManとSixTONES、CDデビュー後『音楽の日』初出演 トーク&パフォーマンスでどんな爪痕残す?

 7月18日に『音楽の日2020』(TBS系)が放送される。「音楽の力で日本を元気に!」という願いを込めてスタートした2011年。10回目を数える今年は 「日本の元気」と題し、約9時間半に及ぶ生放送が予定されている。

 今年も司会を務めるのは中居正広と安住紳一郎。ジャニーズからは総勢14組の出演が発表され、今年CDデビューしたばかりの、Snow ManとSixTONESの2組も出演する。

 見どころを挙げたらキリがないのだが、まず一つは司会を務める中居との絡みだろう。Kinki Kids、KAT-TUN、V6、嵐など、中居と後輩ジャニーズが絡む様子はつい画面に釘付けになる。こうした絡みは同番組の醍醐味でもある。

 Snow ManとSixTONESは、CDデビュー後初登場となる。おそらく自己紹介の時間がもらえそうだが、ここでグループ名、名前と顔を覚えてもらうチャンスだ。

 生放送ゆえにトークの時間に限りがあるのは惜しいが、披露する楽曲について、「どんな曲でしょう?」と質問をしたり、後輩の突然のギャグに乗ってくれたりと、即興でフレキシブルに対応するのが中居の司会。番組の名物となるような“絡み”が誕生するのではないかと楽しみにしている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる