NiziU『Make you happy』インタビュー(RIMA、MAYA、NINA編)「海外でも活躍できるアーティストを目指して」

NiziU『Make you happy』インタビュー(RIMA、MAYA、NINA編)「海外でも活躍できるアーティストを目指して」

 韓国の芸能事務所JYPエンターテインメントとソニー・ミュージックエンタテインメント、ソニー・ミュージックレーベルズによるガールズグループ・オーディションプロジェクト「Nizi Project」。2019年2月の記者会見でプロデューサーのJ.Y. Park氏から発表され、同年7月~8月に日本国内8都市、ハワイ、LAを含めた全10箇所で地区予選が行われた。1万人を超える応募者の中から選抜された26名は、4泊5日の東京合宿でトレーニングを行い、ダンスとボーカルの技術に加えてスター性、人柄の観点から選ばれた14名が韓国合宿行きの切符を獲得。その模様は『Nizi Project Part 1』としてHuluで配信され、またたく間に人気が広がった。

 4月からスタートした『虹のかけ橋』(日本テレビ)と、『Nizi Project Part 2』(Hulu)では、半年にわたる韓国合宿の模様を放送。そして、つい先日、全世界が注目するデビューメンバー9人が発表された。ガールズグループ「NiziU(ニジュー)」としてデビューすることになった彼女たちは、本日30日にPre-Debut Digital Mini Album『Make you happy』を配信する。そんなNiziUに、早速メールインタビューすることができた。本稿では、ラップを得意とし、ステージ上でのクールな姿とメンバーに甘える時のギャップが可愛いRIMA、メンバーにとってお母さんのような存在で、J.Y. Park氏から表現力を高く評価されたMAYA、最年少ながら圧倒的歌唱力を誇り、美しい高音が魅力的なNINA編をお届けする。(苫とり子)

「Nizi Project」では自分自身について学ぶことができた(NINA)

NINA
NINA

――まずは、改めて自己紹介をお願いします。

MAYA:みなさんこんにちは! NiziUの白鳥MAYA、18歳。メンバーの中ではMAKO、MAYA、RIOのオンニ(お姉さん)チームを担当しています。

RIMA:こんにちは~16歳のRIMAです。私はNiziUの魅力的なボイスを担当していて、みんなに元気とパワーを届けたいと思っています~!

NINA:そして、NiziUの明るい末っ子NINAです! 15歳、ボーカル担当です。

――「Nizi Project」が開始してからプレデビューまで、本当にお疲れ様でした。目まぐるしく状況が変化した一年だったと思いますが、皆さんにとってどんな年になりましたか?

MAYA:人生が本当に変わった瞬間でしたし、この約一年にたくさんのことが詰まっていて本当に短く感じました!

NINA:この一年で色々なことを学べたと思います。実力だけではなく自分自身について学ぶことができました。これからも習ったことを活かしてもっと色々な面で成長したいです!

RIMA:私たちは「Nizi Project」が始まり一年が経って、新たにNiziUとしてのスタートをしようとしています。この場にいることが未だに夢のようですし、実感はそんなにないんですが、今年は私の人生の中でも一番濃く感動的な一年になりました。性格や考え方、実力面でも成長できて、苦戦してもまた立ち直って挑戦してきたので、本当に自分でもすごいなと思っています。初心を忘れずにこれからも頑張ります!

――厳しいトレーニングと審査を突破し、見事デビューを果たす皆さんですが、デビューメンバーに選ばれた時から現在に至るまでの心境を教えてください。

NINA:毎日楽しく過ごしています。ファンのみなさんに素敵なステージや面白いコンテンツをお見せできるようにNiziUのみんなとたくさん頑張っているので、ぜひみなさんも期待していてくださいね!

MAYA:最初は必ずデビューする! という意気込みで、韓国でトレーニングを受けていたのですが、スランプやプレッシャーなどもあり、デビューメンバーに入れるか自信をなくしてたくさん考え込んだ時もありました。でもステージに立ち、パフォーマンスをしている時が私の一番輝いている瞬間だと気づいたんです。結果、デビューメンバーに選ばれることができたので、本当に嬉しかったです!

RIMA:デビューメンバーに選ばれてからまだ実感がないのですが、最近は「Nizi Project」で披露してきたパフォーマンスやインタビューをよく見返します。プレデビューしてもデビューしても、そしてこれからもずっと今までと変わらず一生懸命みなさんのために頑張りたいと思います! NiziUとしての初めての活動はすごく緊張しますが、準備は万端です。

――デビューが決まった時、友人や家族などの反応はいかがでしたか。

MAYA:今までたくさん支えてくれた家族が、本当に喜んでくれて嬉しかったです!

RIMA:家族のみんなからたくさん温かいメッセージをもらって、お母さんにはすぐビデオ電話をしたんですけど、私よりも大号泣していました! それだけ心配しながら応援してくれたんだなと思うと本当にいつもありがとうの気持ちでいっぱいでした。

NINA:みんなからすごく温かい言葉やメッセージをいただいて、すごく幸せでした。「これからも頑張って!」とか、「おめでとう!」といった言葉をいただき、すごく感謝の気持ちでいっぱいです。

――「Nizi Project」の総合プロデューサーである、J.Y. Parkさんの第一印象やオーディション期間中の意外な一面を教えてください。

RIMA:J.Y. Parkさんに初めてお会いした時はすごく優しそうな笑顔で迎えてくださって、地域予選でパフォーマンスを披露した後も、すごくためになるアドバイスをくださったことが印象的でした。今もふとした時に声をかけてくださったり、「ご飯ちゃんと食べた?」と心配してくださったり、すごく気にかけてくださって素晴らしい人だなと思います。

NINA:お会いする前はとても厳しそうなイメージがあったんですが、実際はみんなの体調を気遣ってくださったり、とても優しかったです。

MAYA:私も正直、最初は少し怖い印象を持っていたのですが、いざご本人とお話してみると、本当に心の温かい方で第二のお父さんみたいな方だなと思いました。

――そんなJ.Y. Parkさんは、予選や東京・韓国合宿でも厳しく的確なアドバイス、人生や芸能界の先輩としての言葉を皆さんにかけていたと思いますが、その中でも心に残ったものを教えてください。

MAYA:今まで本当にたくさんの素敵なお言葉をかけていただきましたが、やっぱり一番記憶に残っているのはスター性評価の「一人一人が特別」という言葉です。辛かった時にとても励まされた言葉でした。

NINA:私も「一人一人が特別だから自分に自信を持って」という言葉です。この言葉を聞くたびに自分にもっと自信が持てるようになるので、一番心に残っています。

RIMA:二人が挙げた言葉と共通するところもあるのですが、「Just be your self, that’s enough. (自分のままでいい、ただそれだけで)」という言葉を(韓国合宿の)ミッション2でかけてくださった時に、初めて本当の私を出せたと思い、自信がつきました。その後もその言葉を忘れずに、上手くパフォーマンスすることよりも自分らしさを忘れないことを意識するようになりました。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!