乃木坂46 田村真佑、矢久保美緒ら4期生がバラドルとして開花? 『ノギザカスキッツ』で見せる己の殻を破るチャレンジ精神

 乃木坂46 4期生の初お披露目から1年半が経ち、ついに彼女たちのバラエティ面が開花し始めている。

『B.L.T.』2019年10月号

 その大きな足掛かりとなっているのが6月16日にスタートした『ノギザカスキッツ』だ。2019年10月から半年にわたり放送してきた『乃木坂どこへ』(以上、日本テレビ系)に続く新番組。「スキッツ」とは、コント、寸劇を意味するスキットの複数形。『キングオブコント』(TBS系)決勝常連であるMC・さらば青春の光と共に、メンバーが本気でコントに挑戦している。

 番組プロデューサーの毛利忍は、自身のYouTubeチャンネル「毛利Pチャンネル」にて、『ノギザカスキッツ』ありきで『乃木坂どこへ』は半年間やってきたと明かしている。そのヒントとなっているのが、#17で鎌倉を舞台に行ったオープニングでのコント。遠藤さくらのイメージを覆す「あざまる水産よいちょまる!」はファンの間でも大きな話題となった。

スタ吞み(乃木坂どこへ収録裏話 vol.4)

 『ノギザカスキッツ』は『乃木坂どこへ』で見えてきたメンバーのキャラを活かしたコントに反映している。#2までのオンエアで、最も殻を破ったコントを見せてくれているのが田村真佑だろう。「まゆたんは愛されたい」では猟奇的な新妻を演じ、ゲテモノ料理のサソリを食べさせられている。毛利が話している「そこはかとなく顔に出るちょっと色っぽいところを前面に出したコント」がおそらくこれだ。YouTubeチャンネルでは「収録後の小話」として、出演した田村と夫役の森田哲矢が登場。どうやらこれが初のゲテモノ料理だったようだ。

 そんな彼女の動向を把握していたかのように、先日放送された『乃木坂46時間TV』(ABEMA)にて田村が挑戦した乃木坂電視台「格付けチェックがやりた~い!」では、カエルとヤモリの素揚げが出され、「最近こんなのばっかりなんです、私……」と一言。ほかにも、『ノギザカスキッツ』のコント「キャプテンユリ」では森田から“おバカ”扱いされ、早川聖来との「たむせいら」ではクールポコ。のネタを披露するなど、4期生のバラエティーメンバーへと一気に階段を上り始めている。

ノギザカスキッツ『収録後の小話~まゆたんは愛されたい~』

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!