GACKT、ツアー延期決断した背景を明かす「僕らのように前に立つ人間が足並み揃えていかないと」

 6月18日、坂上忍がMCを務める『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)では、前回に引き続きロックダウン緩和後のマレーシアで暮らすGACKTに密着。収録には、GACKT本人もリモートで参加し、スタジオゲストとして、カズレーザー(メイプル超合金)、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、本仮屋ユイカが出演した。

『GACKTの勝ち方』

 6月11日放送回の最後、GACKTは音楽活動と並行して行なっている富裕層向けの不動産ビジネスについて言及。コロナウイルスの影響で売上が乏しく、不動産の価格も下げていることを明らかにした。外出自粛が叫ばれ、あらゆる職種の人が先の見えない不安に辟易している中でも、「とにかく、この自粛中にいかにスキルアップした自分でスタートできるか」と前を見据えるGACKT。現在のビジネスが立ちゆかなくなる前に先手を打ち、今年になって始めた新ビジネスの一つがYouTubeだった。GACKTのオフィシャルYouTubeチャンネル「がくちゃん」では、筋トレや入浴シーン、寝起きドッキリなど、普段は見ることができないGACKTが映し出されている。そのため、チャンネルを開設してからわずか半年で、チャンネル登録者数は45万人を突破。さらに自粛期間には、内容がバージョンアップしていた。

 突然、おもむろに巨大な歯型模型を取り出すGACKT。実は英語だけでなくフランス語、中国語など5カ国語をマスターしているGACKTは自身のYouTubeで、「英語ガク習熟」を開講し、歯型模型を使用して本格的に英語の発音を教えている。アーティスト仲間であるL’Arc~en~Ciel、VAMPSのボーカリスト・HYDEもこの動画を見ているようで、GACKTは「今まで分からなかった発音が分かるようになって、俺はめちゃくちゃ嬉しかったんだよ」と、HYDEから連絡が来たことを暴露した。さらに自宅トレーニングを指導する「ガクザップ!」や、豪華ゲストを招いた「オンライン飲み会」の有料生配信を開催。YOSHIKIやローランドなど、幅広い交友関係を持つGACKTだが、オンライン飲み会のゲストはものまね芸人の“アントキの猪木”。大好きだという彼に、GACKTは「こんなシンパシーを感じたことのは久しぶり」と上機嫌に。GACKTの誕生日である来月4日には、またもやゲストを招いて日本一豪華なバースデーパーティを開催するという。

 GACKTは今年、ソロデビュー20周年を記念した全国ツアーを行っていたが、新型コロナウイルスの影響で、2月末に福岡で予定していたツアーファイナルが延期に。番組では以前、自前のトレーニング機材をツアー会場に運んでジムをつくり、本番に備えてトレーニングを行うGACKTの姿を映していた。毎回ツアーの時には、アルバイトスタッフに直接気合を入れ、最後は2階席の最後列に立ち、ファンからの見え方を確認しているGACKT。最高のパフォーマンスをファンに届けるため、努力を続けていたが、福岡での最終公演の前々日に政府から自粛要請が出されたという。その時GACKTは「僕らのように前に立つ人間が足並み揃えていかないと、国全体に広がっていく」と考え、ツアーの延期を決意。現在は「最短で組み上げているのは年末。または来年頭に、振替公演と追加で何本か(ツアーを)やろうかという話をしています」と今後の方針を明かした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる