THE RAMPAGE 川村壱馬&長谷川慎の共通点は? 何事にも全力投球、兄弟のような二人の絆

THE RAMPAGE 川村壱馬&長谷川慎の共通点は? 何事にも全力投球、兄弟のような二人の絆
川村壱馬

 今年4月、シングル『INVISIBLE LOVE』のリリースを記念して、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(以下、THE RAMPAGE)が8日間連続でインスタライブ「STALI HOMIES Vol.1」を配信した。タイトルの「STALI HOMIES」は、メンバーの山本彰吾が、おうち時間を表す“STAY HOME”と“インスタライブを通してファンのみなさんと繋がる”という意味を込めてネーミング。その名の通り、日替わりで2人ずつメンバーが登場し、それぞれの自宅から『INVISIBLE LOVE』にまつわるトークや質問コーナーなどを届けた。さらに5月には、「STALI HOMIES Vol.2」と題して、新たなペアで独自の企画に沿ったインスタライブも8日間連続で配信。お馴染みのペアから意外なペアまで、いろんな組み合わせや企画、思わぬハプニングでファンを楽しませてくれた。中でもとくに反響の大きかったコンビといえば、「STALI HOMIES Vol.1」の最終日を飾った、川村壱馬と長谷川慎の通称“かずまこ”コンビ。そこで本稿では、彼らの共通点や魅力について改めて探っていきたい。

長谷川慎

 川村壱馬の印象は? という問いかけに対して、“クールな一匹狼”、“THE RAMPAGEの顔として16人の中心に君臨しているボーカリスト”というイメージが浮かぶ人は少なくないだろう。自信に満ち溢れた佇まいと、その裏にあるストイックさ。有言実行で次々に夢を掴んでいく彼は、メンバー達にとってもかなり頼もしい存在だ。6月23日には初の写真集『SINCERE』の発売も控えており、その人気は高まるばかりである。しかしその実態は、パーソナルスペースが狭いからこそ、心を許した人には全力で尽くす熱い男。とくにグループ最年少の長谷川慎のことを弟のように可愛がっており、長谷川も『シブザイル ~シブ8 from EXILE TRIBE~』のアフタートークにて「メンバーで彼氏にするなら壱馬さん。一途なんですよ。浮気とかしなそうで、守ってもらえそう」と語っている。

 そんな2人の共通点はいくつかあるが、まず1つめは、『武者修行 2016 Get Ready to RAMPAGE』のチームメイト(ROUTE C)だったことが挙げられる。2014年に行われた1度目の『武者修行』は、THE RAMPAGEの正式メンバーを決めることが目的のため、誰もがライバルという状況だった。だが、2016年に改めて3チームに分かれて廻った『武者修行 2016 Get Ready to RAMPAGE』では、同じ志を持つ仲間として苦楽を共にしてきた。3月26日~4月17日の約3週間、ほぼ毎日ステージに立ちながら旅を続ける中で、2人の絆がさらに深まったことは間違いないだろう。その証拠として、2016年10月にはEXILE TRIBE mobile内にメンバー達の個人ブログ(会員限定)が開設されたのだが、川村が初めてアップしたメンバーの写真は長谷川との2ショットで、そこから長谷川は川村のブログの常連に。とくに2016年の川村のブログには、長谷川を当たり前のように“弟”と呼ぶ記事が多数投稿されており、その溺愛っぷりに驚かされる。それに比べると、長谷川の“かずまこ”アピールは控えめだが、一緒にいることが当たり前だからこそ投稿する必要はないという発想のようで、実際、川村が「シラフでも飲んでても甘えてくる(笑)」(引用:NYLON)と言うように、川村の前では末っ子キャラを存分に発揮。ムードメイカーな次男・浦川翔平を含む“3兄弟”で度々集まっては、底抜けに優しい兄・川村に、川村宅で熟睡している寝顔の写真を公開されている。ちなみに、川村、長谷川、浦川、陣の4人は、川村が命名したチーム名“陳ラバ”(引用:TVfan)と呼ばれている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる