すとぷり、6人の“声”の個性が生み出す絶妙な一体感 ソロ曲と「マブシガリヤ」から解説

 近年、動画配信サイトを中心にリアルな現場に至るまで大きな盛り上がりを見せている6人組エンタメユニット、すとぷり。

 2019年発売の1stフルアルバム『すとろべりーらぶっ!』はオリコン週間アルバムランキング1位を記録、同年のライブ総動員数は15万人を突破、今年発売した2ndフルアルバム『すとろべりーねくすとっ!』は現在22万枚以上を売り上げるなど、その勢いはとどまることを知らない。

 彼らは、従来の一般的な音楽アーティストとは違って、ネット上での活動によって着実に支持を得てきた。楽曲はもちろんのこと、ツイキャスでの生配信やYouTubeへの動画投稿といった、主に“声”を使った活動によって人気を獲得している。そのため彼らの楽曲や活動を見たとき一番に感じるのが、メンバー6人の際立つボーカルの個性だ。そこで注目したいのが、彼らの持つ“歌声”の魅力である。

 たとえば、赤色担当の莉犬は強さを感じれるときもあれば、同時に美しさも感じることができる中性的な声質を持っている。1月にソロ名義で公開された“歌ってみた”曲「コールボーイ」は、まさに莉犬の力強い一面が作品全体に表われている一曲だが、一方でオリジナル曲「タイムカプセル」では繊細で透き通るような歌声を披露している。こうした両面性を持った特徴的な歌声が、グループ全員で歌ってるときでも埋もれない存在感に繋がっている印象だ。

コールボーイ/莉犬【歌ってみた】
【MV】タイムカプセル/莉犬【オリジナル】

 また、グループ随一のアダルトな魅力を持つのがオレンジ担当のジェル。低めで柔らかく抱擁力のある彼の歌声は、ソロ名義での楽曲「ポーカーダンス」で顕著に表われている。曲に大人なムードや男性の哀愁といった独特の情感を醸し出すのに、ジェルの声質は重要な要素だ。

【MV】ポーカーダンス / ジェル 【オリジナル】

 最年長のさとみは、グループの頼りになるお兄さん的存在。そんな彼は王道の“イケボ”の持ち主だ。声に癖がなくストレートで、真っ直ぐなポップソングにぴたりとハマる。すとぷりとしても、曲で素直にファンへ向けて気持ちを伝えたいときなどに、彼の声の存在は欠かせないはずだ。

【MV】恋をはじめよう / さとみ

 さとみがお兄さん的であれば、最年少のるぅとは“弟的”。爽やか、かつ可愛い声で、キラキラ感のある楽曲を歌うとうまくマッチする。他にも地声と綺麗な歌声のギャップが魅力のころん、リーダーでありながら常に優しさを感じさせる声質を持ったななもり。といったように、すとぷりはメンバー全員がまったく違うタイプの声を持っている。

【MV】君と僕の秘密基地 / るぅと 【オリジナル】
【MV】敗北ヒーロー / ころん
【MV】ごめん。正直めっちゃ好き。/ ななもり。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる