與那城奨×鶴房汐恩、白岩瑠姫×大平祥生、川尻蓮×金城碧海……生配信企画『アサカツ!JO1』で味わうコンビの相性

與那城奨×鶴房汐恩、白岩瑠姫×大平祥生、川尻蓮×金城碧海……生配信企画『アサカツ!JO1』で味わうコンビの相性

 毎日午前10時からJO1メンバーが日替わりでYouTube生配信をする『アサカツ!JO1』が、5月18日からスタートした。リアルタイムでコミュニケーションが取れる生配信とあり、毎日大盛り上がりで、関連ワードも度々トレンド入りしている。毎日メンバーが2人1組となり、ワチャワチャと楽しい配信を繰り広げているが、この組み合わせを見ているとメンバー同士の関係性がじっくり味わえる。そこで、今回は5月18日から20日までの生配信で見えた、各ケミ(コンビ)の魅力を考えたい。

與那城奨&鶴房汐恩

5月18日生配信【アサカツ!JO1】 與那城奨&鶴房汐恩

 トップバッターを切ったのは、リーダーの與那城奨とやんちゃさが魅力の鶴房汐恩だ。珍しい組み合わせだが、トップバッターにふさわしい良いコンビであった。はじめは與那城がうまく話をコントロールしつつ、鶴房がのびのび話しているのが印象的だったが、鶴房が引いたフォーチュンクッキーに「ラッキーアイテムはシーサー」と書いてあると、與那城が沖縄出身であるため顔を見合わせて2人とも大盛り上がり。このあたりから、與那城もテンションが上がっていったように見える。新芽のスプラウトとは何かを説明して爆笑、1週間育てていくスプラウトの名前が「かもめ」に決定して爆笑、と、とにかく賑やかな配信であった。最後には、「奨くんじゃなきゃきつかった」(鶴房)、「俺も汐恩でやりやすかった」(與那城)とコメントしていたように、相性の良さを見せた「よなつる」。普段周りにあまり甘えない鶴房が與那城には安心して無邪気になっている様子や、鶴房の元気さに引っ張られるようにテンションが上がっていく與那城の様子が微笑ましい、名コンビだったのではないだろうか。

白岩瑠姫&大平祥生

5月19日生配信【アサカツ!JO1】 白岩瑠姫&大平祥生

 5月19日火曜日の担当は、以前にも紹介したことがある白岩瑠姫と大平祥生の「るきしょせ」だ。YouTube生配信では、白岩のこなれ感と大平のピュアさが目立っており、まるで兄弟のようであった。オープニングからエンディングまで白岩節が炸裂していたが、大平がそれに若干つられているのも微笑ましい。白岩が「瑠姫くんピースして」というコメントに反応して画面にピースをすると、大平も「僕も!」とピースサインをしたり、日替わりコーナーで白岩が背景画像の切り替えに苦戦し、あわや、という場面を回避した時には、大平が「怖いって、ほんま」と言いながら白岩にもたれかかっていたり、と終始「ハイテンションの兄」と「兄が大好きな弟」感が感じられた配信だった。ちなみに、遭難したシチュエーションという設定で、「遭難しちゃった、今からどうしよう」とセリフを言う大平に、「そうなん?」とダジャレで返した白岩はさすがである。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!