BEYOOOOONDS 小林萌花、編曲もこなす豊富な音楽知識とおちゃめな一面 キャラクター性を徹底解説

BEYOOOOONDS 小林萌花、編曲もこなす豊富な音楽知識とおちゃめな一面 キャラクター性を徹底解説

 ハロー!プロジェクトの最新グループ、BEYOOOOONDS。2018年に結成され、2019年にシングル『眼鏡の男の子 / ニッポンノD・N・A! / Go Waist』でメジャーデビュー。寸劇などの身体要素を取り入れた個性的な楽曲が話題を呼び、オリコン週間チャート初登場1位を獲得。同年末には日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞。令和2年、さらなる飛躍が期待されているアイドルグループだ。

 楽曲も個性的なら、メンバーのパーソナリティーも個性的なのがBEYOOOOONDS。今回の連載企画では、メンバー12人それぞれのキャラクターについて、5つのポイントを立てて紹介していく。第11回は小林萌花。いわゆる“ONLY YOUオーディション組”3人のうちのひとりだが、はたしてどんな女の子なのだろうか。

“フクムラダッシュ”でハロプロに興味を持つ

小林萌花

 2000年生まれの小林にとって初めての習い事は、幼稚園生の頃の水泳だという。兄とは仲が良く、小学生の頃には一緒にサッカーアニメ『イナズマイレブン』(テレビ東京系)を観ていて、劇中の技を真似したり、主題歌を一緒に歌っていたという。このアニメの主題歌を担当していたのはBerryz工房だったが、当時は特にハロプロのアイドルだとは意識していなかったそうだ。また、中学に入ってからは剣道部に3年間所属していて、剣道二段を取得。

 これらの経歴だけ見ると活発的な女の子だと思えそうだが、やはり小林の一番の特徴は、ピアノが弾けるというところだろう。彼女がピアノを習い始めたのは、水泳と同じく幼稚園生の頃。その後も小中高、そして現在もアイドル活動と並行して通学している音楽大学にて、継続してピアノおよび音楽理論を体系的に学んでいる。高校時代には『第8回ジュラ・キシュ国際ピアノコンクール』の高校生部門で第2位に入賞するなど、その腕前は確かだ。

 そんな彼女がハロプロに興味を持つきっかけになったのは、モーニング娘。’14のコンサート映像。2014年開催の道重さゆみ卒業公演を観て、足をつった道重のもとへその場の判断で駆け寄る譜久村聖という、ファンの間では“フクムラダッシュ”と呼ばれている名シーンに感動したという。

 そして2018年開催の『ハロー!プロジェクト“ONLY YOU”オーディション』へ応募。平井美葉、里吉うたのと小林の3名が合格となり、BEYOOOOONDSへ加入することになった。このオーディションは才能・技能を持つ女性を広く募集したもので、平井と里吉はダンス、小林はピアノという特技が買われての合格だった。同年12月のイベントにてファンの前へ3人がお披露目され、BEYOOOOONDSはここで現在の12人体制となった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる