Snow Man 深澤辰哉×渡辺翔太の“なべふか”、グループ支えるキーマン 息の合う無邪気な姿も

 2人のこうした一面は、片鱗はありつつもまだメンバーが6人だった頃にはそこまで顕著にあらわれてはいなかった。しかしラウール、向井、目黒蓮が加入してデビューが決まって以降、より色濃く見せるようになったのではないだろうか。デビューするにあたり、どう立ち回るべきか、どうキャラクター付けをするべきか、考えた結果のようにも思える。そういった意味でも、2人はグループにおいて欠かせないキーマンなのだ。

 そんな深澤と渡辺だが、メンバー全員でトークをしたり、ゲームをしたりする時は無邪気にはしゃぎ合う“悪友”っぽさもある。Snow Manファンの中ではお馴染みの光景だ。例えば5月6日に公式YouTubeチャンネルにアップされた「『連続で自己紹介せよ!』〜8人で80個!カブっちゃダメ〜」でもそうだ。阿部亮平が「一度ハマったら抜け出せない沼、Snow Man」というフレーズを噛んで言えなくなってしまった様子を見た深澤は「お前さぁ〜!」と叫び、渡辺は大爆笑。いじりながらもオーバーリアクションをする2人の気の合いっぷりに、“悪友”らしさを感じざるを得ない。

Snow Man「連続で自己紹介せよ!」〜8人で80個!カブっちゃダメ〜

 役割は違えどグループを冷静な視点で支えつつ、無邪気な面も見せる「なべふか」。そしてそんな2人がいるSnow Manなら、さらに知名度を広めていくのは間違いないだろう。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる