EXILE、三代目JSB、GENERATIONS……各グループ人気の楽曲は? それぞれの歌詞に込められた“想いも”キーワードに

EXILE、三代目JSB、GENERATIONS……各グループ人気の楽曲は? それぞれの歌詞に込められた“想いも”キーワードに

 5月5日、AbemaTVにて『シブザイル#6 EXILE TRIBE 楽曲AWARD 生発表2時間SP!』が配信された。

 『シブザイル』とは、LDHグループの総合エンタテインメントの祭典「LDH PERFECT YEAR 2020」とAbemaTVのコラボレーションプロジェクトの一環として、毎週火曜日よる8時から放送されているトークバラエティ。佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)と陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)がMCを務め、毎回EXILE TRIBEのメンバーがゲストとして出演している。

 5月1日から6日の6日間に渡り、AbemaTVで開催された「GWおうちでアベマLDH祭り」のプログラムとして、視聴者やファンによる投票をもとにEXILE TRIBEのグループ別人気曲を発表。ゲストのEXILE SHOKICHI(EXILE/EXILE THE SECOND)、NAOTO(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)、RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、中島颯太(FANTASTICS from EXLE TRIBE)、砂田将宏(BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE)が発表を見届けた。

 最初はBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE(以下、BALLISTIK BOYZ)の人気曲を発表。砂田は「代表曲の『テンハネ-1000%-』や、2ndシングルの『ANTI-HERO’S』が入っているといいなと思います」と期待。その言葉通り、「ANTI-HERO’S」は5位にランクインした。他にも、バラード曲の「Crazy for your love」や、MVをドキュメンタリービデオとして撮影した「PASION」などが選ばれた。同曲について、メンバーの松井利樹は「多くの先輩方からも、曲や楽曲の振付の評判が良く、すごく嬉しかった」とコメント。予想でも名前が挙がった「テンハネ-1000%-」は、見事1位に。同曲は白濱亜嵐が出演したTVドラマ『小説王』(フジテレビ系)のエンディングテーマであり、EXILE SHOKICHIが作詞、プロデュースを担当したことでも注目を集め、話題性の高さがランキングにも反映されたといえる。

砂田将宏(BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE)

 続いて登場したのは、FANTASTICS from EXLE TRIBE(以下、FANTASTICS)の中島。冒頭では、最近の家での過ごし方について「ギターやピアノをしたり。あとはもっぱらコマネチの練習をしています」と、関西人らしいボケで視聴者を楽しませた。ランキングでは、ライブで間違いなく盛り上がるという「Can’t Give You Up」や大人気のアプリTikTokにて、「#タルトタタンチャレンジ」と称してキャンペーンが行われた「Tarte Tatin」が上位にランクイン。同曲は、EXILE SHOKICHIによる作詞と、世界、瀬口黎弥(ともにFANTASTICS)による振付も人気の要因の一つとして加わっているのではないだろうか。中島とファンが1位と予想してた「Hey, darlin」は、4位に。同曲を抑えて1stアルバムのタイトル曲にもなった「FANTASTIC 9」が2位、2ndシングルの表題曲「Flying Fish」が1位に輝いた。2位の「FANTASTIC 9」は、2018年に惜しくも急逝したメンバー中尾翔太への思いが込められたバラード曲となっており、中島は「まさに“9人”の歌。ファンの方はそれぞれ大切な人を思っても聴けますし、(僕たちも)ずっと歌い続けていきたい曲です」とコメント。メンバーにとっても、ファンにとっても思い入れのある楽曲が上位を獲得した。

中島颯太(FANTASTICS from EXLE TRIBE)

 THE RAMPAGE from EXILE TRIBE (以下、THE RAMPAGE)のRIKUはNESMITH(EXILE/EXILE THE SECOND)にプレゼントされたというヘッドホンを付けて登場。予想では「ジャンル問わず、シングルの表題曲を中心に(ランキングに)入っていると思う」と分析した。10位から6位には、4thシングル表題曲「100degrees」(10位)や、もっと上位だと予想していたという「Seasons」(7位)がランクイン。5位に「DREAM YELL」が選ばれると、陣は「ゴリっとしている表題曲が多いからファンの人は好きじゃないのかな(笑)」と驚きの表情を浮かべた。メンバーの藤原樹が、「MVで初めて女性のエキストラの方々もいて、陣さんは最初から最後までニヤニヤしていた」と暴露した「WELCOME 2 PARADISE」は4位に。バラード曲の「Only One」と「Starlight」に続き、『100degrees』のカップリング曲「Can’t Say Goodbye」が1位を獲得した。同曲は夏の終わりの儚い恋を歌った楽曲で、リリース直後にはその歌詞が話題に。多くのファンから共感を呼んだことで、カップリング曲ながら1位に登りつめた。

RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる