日向坂46、冠番組のスタート続々 『日向坂で会いましょう』で鍛え上げられたトーク&対応力に注目

 デビュー2年目に突入した日向坂46の勢いは止まらない。冠番組も増え、バラエティ番組にも毎週のようにゲスト出演している。今回は、トークやバラエティ番組での対応力におけるグループの魅力に注目したい。

日向坂46『ソンナコトナイヨ』(通常盤)

 日向坂46のラジオ初冠番組『日向坂46の「ひ」』(文化放送)では、メンバーの新たな魅力とチームワークの良さを感じられる。第2回目では、フロントメンバーとしても安定した存在感を放つ加藤史帆と齊藤京子という最強コンビが、後輩の河田陽菜の良さを引き出していた。また、テレワークでの出演となった第3回放送では、佐々木美玲と渡邉美穂が出演。二期生の中でも仕切り役が増え、トーク力の評価も高い渡邉と、今や日向坂の中でバラエティ班のエースとして数多くの番組に出演している佐々木美玲。ラジオでのテレワークに緊張しながら真面目に進行する渡邉に対し、自宅からの自由気ままな美玲のやりとりが面白い。自由な先輩を一生懸命にフォローするしっかり者の後輩と、そんな後輩の緊張をほぐす先輩のやり取りは、ラジオだから伝わる関係性だろう。各メンバーがそれぞれのポジションやキャラクター性を把握した上でトークを展開しており、『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)で培われた経験がこのラジオでは存分に活かされている。

 そしてひかりTVでも冠番組『日向坂46です。ちょっといいですか?』が始まった。この番組は、日向坂46メンバーが記者となりゲストに囲み取材をするというものだ。ゲストとしてバラエティに出演することが多い日向坂46。番組MCによって彼女たちの魅力が引き出されている場面も多いが、この番組では彼女たちがゲストの魅力を引き出していくことになる。彼女たちの力量が試される番組だが、ゲストへの臨機応変な対応力を見せていることに驚かされる。梅沢富美男が出演した際には、齊藤京子、佐々木久美、富田鈴花、渡邉が容赦なく質問攻めに。大御所に対して攻めた質問を展開したのが功を奏し、梅沢の優しさが浮き彫りになっていた。また、野性爆弾・くっきー!が出演した際には、加藤、高瀬愛奈、東村芽依、宮田愛萌が出演。くっきー!が描いた個性的な似顔絵にも大喜びする彼女たちは、くっきー!との距離も難なく縮めていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる