日向坂46 上村ひなの、天才的な大喜利力とまっすぐな強さ 16歳の誕生日を機に魅力を深堀り

 日向坂46の上村ひなのが4月12日に16歳の誕生日を迎えた。2018年11月29日に前身グループ・けやき坂46に唯一の3期生として加入して以降、グループの最年少メンバーとして活躍。加入から1年も経たずに「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」というソロ曲を任させるなど、運営からの期待も大きい。そこで本稿では、改めて上村の魅力について掘り下げてみたい。

日向坂46『ソンナコトナイヨ』(通常盤)

 上村は2018年6月1日から開始された乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の坂道シリーズ新メンバー選考オーディション「坂道合同オーディション」に合格。応募者約13万人という狭き門を見事突破した。同期は乃木坂46の遠藤さくら、賀喜遥香、筒井あやめら4期生、欅坂46の田村保乃、松田里奈、森田ひかるら2期生メンバーとなる。2018年12月13日には東京・日本武道館にて開催された『ひらがなくりすます2018』に登場し、ファンの前で「いつでもどこでも変化球、ひなのなの」と自己紹介した。また2019年3月に欅坂46からの卒業を発表した長濱ねると雰囲気や容姿が似ていたこともあり、“けやき坂46に長濱ねるが再来”とネット上で話題になった。

 グループでは先輩たちから愛させる妹のような存在で、特にセンターを務める小坂菜緒との関係性は深い。2019年9月に埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催された「日向坂46『3rdシングル発売記念ワンマンライブ』さいたまスーパーアリーナ」で上村は初めて多くの楽曲のパフォーマンスをすることとなった。当然、覚えなくてはいけないことが山のようにあり苦悩する日々が続いたというが、そんな中、上村に優しく手を差し伸べ、近くで見守りアドバイスをおくっていたのは小坂だったという。上村は尊敬する小坂に対し、「菜緒さんの姿を見ていて、センターになりたいというよりか、センターになれる人にならなきゃいけないなとすごく思いました。センターになれるくらい魅力のある素敵なアイドルにならなきゃなって」とカメラを前に思いを明かしていた。これに対し小坂は「みんなが輝いてるからこその日向坂だと思うし、今ひなのが言ってくれてすごいうれしい。日向坂はみんなでもっともっと上を目指していけると思う」と語りかけていた。この2人の関係性を表したシーンは、多くのおひさま(日向坂46のファンの名称)が胸を熱くした場面だったように思う(『セルフ Documentary of 日向坂46 #3』TBSチャンネル1より)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる