SHE’S「Letter」“あつまれ どうぶつの森”CMソング起用で再注目 時代性ともリンクした優しい響き

SHE’S「Letter」“あつまれ どうぶつの森”CMソング起用で再注目 時代性ともリンクした優しい響き

 昨年10月にデジタルシングルとしてリリースしたSHE’Sの「Letter」が、今、ファン以外のリスナーにも急速に響きはじめている。きっかけは2月28日に公開された任天堂「あつまれ どうぶつの森 × Nintendo Switch Lite」2020春CMに同曲が起用されたことだろう。

 CMのストーリーは高校生4人が生活する中で、「Nintendo Switch Lite」を用いて「あつまれ どうぶつの森」を遊んでいる様子が軸にある。それぞれ美術部で絵を描くことに打ち込んでいたり、陸上部でトレーニングに励んでいたり、受験勉強なのだろうか、英語を熱心に学ぶ子もいれば、家業の花屋の仕事を手伝っている子もいる。友達でありつつ、打ち込んでいることや環境はバラバラだ。その4人をつなぐコミュニケーションツールとして、「あつまれ どうぶつの森」で遊んでいる日常は忙しい同世代の女の子たちの心情にスルッとハマるものなのだろう。加えて、リアルの世界でも走り去る自転車に乗る友達を見かけたり、ニアミスをしながらもなかなか一緒に遊ぶことはできない。

 全体的に春霞を思わせるような淡いトーンが青春の儚さと眩しさを素直に届けてくれる映像で、そのムードに音数の少ない「Letter」は心情的にマッチする。必要以上にポジティブで元気な曲調では感じられない、本当は友達と過ごしたい気持ちを心に持ちながら、夜、疲れて帰宅してからお互いを励ますように「あつまれ どうぶつの森」を介してエールを送り合う4人。特にピアノのイントロからすぐに井上竜馬の〈おかえり もう1人の僕〉という声が入ってきた時の柔らかな聴感には文字通りホッとする。CMのストーリーと細部にこだわった演出が見事にマッチしているのだ。

「あつまれ どうぶつの森 × Nintendo Switch Lite」 2020春 CM

 CMの登場人物に感情移入しながら、徐々に楽曲に引き込まれるピークはやはりサビ。〈僕らは大切な人から順番に傷つけてしまっては 後悔を重ねていく〉――どんな些細なことでも、何か心に引っかかっていることや、ごめんねの一言が言えなかった後悔など、高校生に限らず、あらゆる人が抱える思いだろう。そして続く〈それでも立ち籠める 霧の道を進んでいく あなたを照らせるほどの 優しさを探している〉というパートで、後悔を重ねながらも勇気や思いやりを持って前に進もうとする姿勢が歌われている。ちょうど卒業シーズンや3学期の終わり、これから新しい生活が始まる人たちの背中も優しく押してくれるような共感性の高いメッセージが込められているのだ。

 ティーンエイジャーに向けた青春真っ只中の映像に合わせるにしては、非常にシンプルで穏やかな楽曲である「Letter」。だがむしろそれがリスナーにとっていい温度感なのだろう。このCMの公開とともに各種ストリーミングサービスでもトップソングに躍進しており、TwitterなどSNS上ではストレートに「いい曲!」というコメントや、どこか寂寞感が流れ込んでくる、メロディに懐かしさがある、CMが流れるたびに泣きそうになるといった感想が続々とアップ。このCMで初めてSHE’Sに出会ったリスナーも相当数いるようだ。

SHE’S – Letter【MV】

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!