SixTONES、美声やダンスから感じる“アイドルとしての凄み” 『FNS音楽特別番組』を機に考える

 3月21日に放送される『緊急生放送!! FNS音楽特別番組 春は必ず来る』(フジテレビ系)にSixTONESの出演が決定した。生放送による彼らのパフォーマンスが見られるとあり、心待ちにしているファンも多いことだろう。改めてSixTONESのパフォーマンスへのこだわりについて考えたい。

 1月22日SixTONESのデビュー日には、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)に出演。様々なコーナーに代わる代わる出演し、最後にはデビュー曲「Imitation Rain」を生歌で披露した。

 「Imitation Rain」のメイキングでは、高音を担当する京本大我が、キーを下げるか、原キーでレコーディングをするかを相談していた。この先、何百回、何千回と披露するデビュー曲だけに、慎重に検討していたのが印象に残る。

 京本はミュージカルでも活躍しており、舞台と歌番組などの時期が重なることで喉への負担を懸念していた。それらを踏まえながらも、最終的に原キーを選んだ京本。万一を想定しつつも、これまで歌ってきた経験の積み重ねが自信となり背中を押したしたのではないだろうか。替えの効かないパートだけに努力の積み重ねと挑戦する姿勢を感じた。

 ジェシーと京本によるしっかりとしたメインボーカルに、4人のメンバーの歌声やラップが重なり、歌の厚みが増しているSixTONES。さらに美声だけでなくダンスでも世界感を打ち出しているのだから、アイドルのすごさをを通して改めて感じている。

 彼らのパフォーマンスといえば、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した際に披露した『Imitation Rain』が印象的だった。冒頭から水をつかいMVの世界観を再現。彼らが足で水しぶきをあげると、水に照明が反射してキラキラと輝く美しい画を創り出し、さらに楽曲の進行に連動して雨を再現した水が降り注ぎ、彼らを濡らしていった。楽曲の持つ世界観に忠実な演出が加わったことで、パフォーマンスがより引き締まり、心を揺さぶられたのだ。髪をかき分ける仕草ですら絵になり、歌い終える頃には髪や衣装もずぶ濡れ、まさに“水も滴るいい男”。目の前のことを全力でやり切る、そんな彼らの姿勢とも重なった演出だった。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!