ラストアイドル、8thシングル表題曲「愛を知る」MV公開 疾走感と青春感が溢れる映像に

ラストアイドル、8thシングル表題曲「愛を知る」MV公開 疾走感と青春感が溢れる映像に

 ラストアイドルが、8thシングル表題曲「愛を知る」のMVを公開した。

【MV】ラストアイドル「愛を知る」【2020.4.15 Release】

 今作のMVは、学校中をメンバーが駆け回り、障害物を飛んだり、階段の手すりを滑ったりするシーンが盛り込まれ、疾走感と青春感が溢れる映像に。後半のライブシーンではカット割が次々と変化し、楽しそうにパフォーマンスするメンバーが映し出されている。

 今作の振付は前作「青春トレイン」に引き続き、バブリーダンスの仕掛け人である大阪・登美丘高校ダンス部総監督akaneが担当。サビは一緒になって踊ることのできる振りになっている。監督はAKB48をはじめ、乃木坂46など数々のMVを手掛けてきた高橋栄樹が務めた。

akane コメント(以下、原文ママ)

今回の楽曲は、かなりのアップテンポで、すごく元気になれる、アガる曲調ですが、生きる気力を失っているところからスタートするドラマチックな歌詞で、そのコントラストが強烈ですごくインパクトがある楽曲だと感じました。
曲と歌詞どちらかのテンションに偏らずに振付をする事が大切だと思い、歌詞の意味を考え前向きに元気になれるようなイメージで創らせて いただきました。
メンバーにはパフォーマンス後倒れ込むぐらい全力で全身でパフォーマンスするように伝え、みんなの気持ちを一つに頑張っています。
応援してくださる皆様にラストアイドルの魂こもった熱いパフォー マンスを観ていただける日を楽しみにしています。ライブで一緒に腕を振り回して盛り上がりましょう!

高橋栄樹 コメント(以下、原文ママ)

前々作『大人サバイバー』 のメンバー全員による団体行動には本当に感動したのですが、
今回はオーディションによる選抜制が再び導入されたということで、
選ばれたメンバーの可愛らしい表情をキチンと撮ろうと思いました。
前半と後半でシチュエーションの違うMVとなっているので、一曲で二度違った雰囲気を楽しめると思います。
学校とライブハウスという設定なのですが、撮影時期にはまだコロナウィルスの影響はなく、観客の皆さんとご一緒に、盛り上がることができました。
あの時と同じように、皆さんとお会いできる日が来ることを今から心待ちにしております。
それまではこのMVで盛り上がりましょう!

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■リリース情報
8th Single『愛を知る』
4月15日(水)発売

◆YM盤【CD+DVD】¥1,834(税込)
CD:1.愛を知る 2.壁は続く 3.どれくらい好きになれば 4-6.各曲Instrumental
DVD:「愛を知る」ミュージックビデオ、「 どれくらい好きになれば」ミュージックビデオ

◆YJ盤【CD+DVD】¥1,834(税込)
CD:1.愛を知る 2.壁は続く 3.最後の選択肢 4-6.各曲Instrumental
DVD:「愛を知る」ミュージックビデオ、「最後の選択肢」 ミュージックビデオ

◆PB盤【CD+DVD】¥1,834(税込)
CD:1.愛を知る 2.壁は続く 3.期待値0 4-6.各曲Instrumental
DVD:「愛を知る」ミュージックビデオ、「期待値0」 ミュージックビデオ

◆ラスアイ盤【CD】¥1,019(税込)
CD:1.愛を知る 2.壁は続く 3-4.各曲Instrumental

◆WEB盤【CD】¥1,019(税込)
CD:1.愛を知る 2.壁は続く 3-4.各曲Instrumental

■イベント情報
『8thシングルWEB盤イベント』
4月5日(日) 関東会場:パシフィコ横浜(個別握手会のみ)
5月16日(土) 関東会場:パシフィコ横浜(個別握手会、個別撮影会)
6月7日(日) 関東会場:パシフィコ横浜(個別握手会、名入れサイン会)
6月21日(日) 関西会場:ATCホール(個別握手会、名入れサイン会)

『8thシングル発売記念イベント』
3月20日(金祝)大阪@もりのみやキューズモールBAS
3月21日(土)広島@広島駅南口地下広場
3月22日(日)仙台@E BeanS
4月11日(土)愛知@プライムツリー赤池
※各イベントの開催は政府の新型コロナウイルス対策本部の指針等に基づき慎重に判断する

■関連リンク
ラストアイドル 公式サイト
ユニバーサルミュージック 公式サイト
オフィシャルTwitter
テレビ朝日系『ラストアイドル』(毎週水曜深夜25:56~OA)※一部地域を除く

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「リリース情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!