『MUSIC FAIR』2800回記念番組4週に渡り放送 加山雄三からももクロまで全14組34名が登場

『MUSIC FAIR』2800回記念番組4週に渡り放送 加山雄三からももクロまで全14組34名が登場

 『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)が、全14組34名のアーティストが参加した公開収録の模様を3月7日、14日、21日、28日と4回に渡って放送する。

 東京でオリンピックが開催された、56年前の1964年8月31日に放送を開始した長寿音楽番組『MUSIC FAIR』が、奇しくも2度目の東京オリンピックが開催される今年、記念すべき放送回数2800回を迎えることを記念して行われる今回のオンエア。

 3月7日回は、コンサート参加者全員での「MUSIC FAIR テーマ曲」合唱をはじめ、NEWS×ももいろクローバーZの「チャンカパーナ」、秦 基博×山崎育三郎の「ひまわりの約束」、Little Glee Monster×水樹奈々「ECHO」などのコラボ曲、加山雄三が森山良子、谷村新司、南こうせつ、さだまさし、THE ALFEEと共に結成したバンド・加山雄三&The Rock Chippersによる「Forever with you~永遠の愛の歌~」、ゆずの「栄光の架橋」が放送される。

 3月14日回は、竹内まりや作詞作曲の「元気を出して」を德永英明×JUJUがコラボ。三浦大知「Right Now」のあとにはディズニーメドレーが続く。『MUSIC FAIR』から誕生した森山良子、平原綾香、新妻聖子、サラ・オレインの4人組ユニット・LA DIVAが歌う「サークル・オブ・ライフ」、Little Glee Monster「Let It Go~ありのままで~」、最後は『美女と野獣』のアイコンにもなっている、黄色の美しいドレスと青い燕尾服をまとった昆夏美と山崎育三郎が登場。ラストには髙橋真梨子の「桃色吐息」も披露される。

 3月21日回は、10年前に結成されたバンド、加山雄三とザ・ヤンチャーズが「座・ロンリーハーツ親父バンド」を披露。また、水樹奈々×NEWSが「絶対的幸福論」、ももいろクローバーZが「おどるポンポコリン」で盛り上げるほか、『レ・ミゼラブル』劇中歌「オン・マイ・オウン」を昆夏美が熱唱。德永英明は代表作「レイニー ブルー」を德永自身が三浦大知、秦 基博とともに披露する。

 最後の放送回となる3月28日は、JUJUと三浦大知による「やさしさで溢れるように」の歌唱で幕開け。30年以上前にリリースされた河島英五の「酒と泪と男と女」を、髙橋真梨子の歌唱とそれを彩るさだまさしのバイオリンで披露する。ゆずは山崎育三郎と「サヨナラバス」をコラボ。後半は谷村新司、さだまさし、THE ALFEE、JUJU、昆夏美、Little Glee Monsterの総勢12名での井上陽水の代表作「少年時代」に始まり、フランク・シナトラやエルヴィス・プレスリーら世界中のアーティストがカバーしてきた名曲「My Way」を女性4人のユニット・LA DIVAが歌唱。4回の放送の最後は「MUSIC FAIR テーマ曲」を参加アーティスト全員で歌唱して締めくくる。

プロデューサー/チーフディレクター:浜崎綾

時代を超えて、世代を超えて愛される「タイムレス」な名曲を歌い継いでいくこと。そしてどんなジャンル、どんなカテゴリーにも捉われず「ボーダーレス」にアーティストが混ざり合う場であること。この2つが『MUSIC FAIR』の魅力であり強みであると考えています。2800回記念コンサートには10代から80代のアーティストが出演し、1960年代の楽曲から2020年の楽曲を扱います。声優さんもいれば、ミュージカル俳優さんもいれば、アイドルもいます。まさに「タイムレス」で「ボーダーレス」です。だからこそ唯一無二で面白いんだと、自信を持って言えるコンサートになりました。『MUSIC FAIR』が56年間紡いできた「イズム」がギュッと濃縮されています。どうぞ4週間、名曲名演の数々をお楽しみ下さい。

■番組概要
『SHIONOGI MUSIC FAIR』
3月7日(土)18時〜18時30分
3月14日(土)18時〜18時30分
3月21日(土)18時〜18時30分
3月28日(土)18時〜18時30分

<出演者>
進行:仲間由紀恵
軽部真一(フジテレビアナウンサー)

<ゲスト>
加山雄三&The Rock Chippers(森山良子・谷村新司・南こうせつ・さだまさし・THE ALFEE)、LA DIVA(森山良子・平原綾香・新妻聖子・サラ・オレイン)、髙橋真梨子、德永英明、ゆず、水樹奈々、NEWS、JUJU、三浦大知、秦 基博、山崎育三郎、ももいろクローバーZ、昆 夏美、Little Glee Monster

<『MUSIC FAIR』とは?>
国内はもとより世界各国から一流ミュージシャンが出演し、この番組でしか実現出来ない世代を超えた共演、海外アーティストとのコラボレーションなど、多彩な演出が話題となっている。視聴者の音楽趣向が目まぐるしく変わる現在でも、本当にいい音楽を流行にとらわれず紹介し、歌の素晴らしさを前面に押し出すという一貫した番組作りで今もなお親しまれている。

◆番組開始:1964年8月31日
◆カラー放送開始:1967年5月1日
◆ステレオ放送開始:1978年10月3日
◆ハイビジョン放送開始:2004年1月10日

◆放送時間帯
1964年8月31日~1969年3月31日 月曜 21時~21時30分
1969年4月1日~1981年9月29日 火曜 21時30分~22時
1981年10月1日~1983年9月29日 木曜 22時30分~23時
1983年10月2日~2001年3月25日 日曜 23時~23時30分
2001年4月7日~土曜 18時~18時30分

公式HP
公式Twitter(@MUSICFAIR_Fuji)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる