ジェネイ・アイコ、チャーリー・ウィルソン、K・ミシェル……愛に溢れたR&Bの話題作をピックアップ

抜群のボーカルで魅せる色男、ルーク・ジェイムスの第2作
『To Feel Love/d』 

Luke James『To Feel Love/d』

 圧倒的なボーカルレンジと歌唱力で衝撃を与え、『第55回グラミー賞』の「ベストR&Bパフォーマンス」にもノミネートされた「I Want You」のヒットから早8年。近年はBET(ブラック・エンターテインメント・テレビジョン)の『The New Edition Story』でジョニー・ギル役を演じ、FOXチャンネルのドラマ『STAR 夢の代償』シリーズ2にメインキャストとして出演するなど俳優としても活躍するルーク・ジェイムスが、待望となるニューアルバムを発表した。デビュー作を「楽しめなかった」と振り返るルークだが、今作では本人自らが全曲ソングライティングに関与したことで、彼の等身大の色気が感じられる作品となった。

 プリンス~マックスウェルの系譜を感じさせる腰砕け級のファルセットが効いた「All Of Your Love」「Blow」や、ルークと同じニューオーリンズ出身のラッキー・デイもペンを握った陽だまり系アコースティック曲「Who You Are」など、どれをとっても美しいメロディと歌声に包まれる。共同製作陣には旧知の仲であるデンジャに加え、元City Highのライアン・トビー、キャンディス・ネルソンといった、2000年代よりR&Bシーンを裏で支えてきた立役者たちが名を連ねているのも嬉しい。また先行シングルの「Go Girl」では、BJ・ザ・シカゴ・キッドとロー・ジェイムスを迎え、まさに2010年代のR&B三銃士とも言える夢の共演が実現。三銃士といえばこのメンバーでLSGやTGTよろしく、フルアルバムも期待したいところ。なんにせよルークは生歌が本当に素晴らしいので(筆者もライブでやられたクチ)ぜひとも来日公演を熱望したい!

luke james – go girl (feat. Ro James & BJ The Chicago Kid) [Official Video]
Luke James Sings Brandy and Music from New Album “to feel love/d” on Song Association | ELLE

ブラック・ウーマンたちの代弁者! シリーナ・ジョンソンのソウル・パワー
『Woman』

Syleena Johnson『Woman』

 ソウル/ブルースの偉人シル・ジョンソンを父に持ち、R・ケリーがペンを握った「I Am Your Woman」や「Guess What」らが2000年代初頭にヒット。カニエ・ウエストの代表曲「All Falls Down」の歌声でも知られるキャリア20年越えのR&Bディーバ、シリーナ・ジョンソンが新作『Woman』を<eOne>より発表した。カバーアルバムだった前作を除くと、純粋なオリジナルアルバムとしては実に6年ぶり。デビュー当初から続いた“Chapter”シリーズに幕を降ろしての再スタートではあるが、タイトルから想像できるように、シリーナが取り組んできたテーマは不変である。

 TV Oneで放送中の人気番組『Sister Circle』でMCも務める彼女は、番組を通して「この国で女性が生きていくことがいかに大変か」を改めて思い知らされたと語り、そのフラストレーションを爆発させるかのような力強さが本作にも満ち溢れている。多数の女性に対して不誠実な男性へ警鐘を鳴らすアカペラ曲「Freelance Lover」や、シリーナの真骨頂とも言えるスロウナンバー「I Deserve More」などはその筆頭だろう。もちろん辛辣な内容の楽曲だけではなく、ジリジリと迫るボーカルがたまらない「Come Inside My House」や、元112のQ・パーカー、ラヒーム・デヴォーンをそれぞれ相手に迎えたデュエット曲など、ラブソングも存在感抜群だ。

 なお一連のR・ケリー騒動により、自身の代表曲でもある「I Am Your Woman」をUS国内のセットリストから除外することに決めたシリーナ。理由はもちろん「この曲の歌詞によって特定の女性たちを傷つけるのは嫌だから」。ブラックウーマンたちの声なき声を代弁する責任感を、誰よりも彼女が知っているのである。

Syleena Johnson – Freelance Lover
Woman by Syleena Johnson (Official Video)
RealSound_ReleaseCuration@Yacheemi_0301

◾️Yacheemi
読み方はヤチーミ。ダンサーとして国内~ジャマイカでバトル・コンテストでの入賞を経験し、ひょんなことからヒップホップ・グループ「餓鬼レンジャー」の正式メンバー兼マスコット「タコ神様」(要検索)として加入した異例のフリースタイラー。ナイトクラブを主戦場にしながら、DJ・ライターとしても駆け出しで活動し、バンド「G. RINA & MIDNIGHT SUN」ではダンス&コーラスも担当するなど、各所で擬態を続けている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新譜キュレーション」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる