内田雄馬が語る『Over』とアーティストとして大切にする思い「たくさんの人に挑戦を続ける姿をお届けできたら」

内田雄馬、アーティストとしての思い

僕だけのものではない“内田雄馬”という存在が見えるようになった

ーー対して、収録曲の「Loser」、「Buzzer Beater」の2曲はヒップホップ色の強い楽曲です。

内田:そうなんです。今回、実際にバスケの試合を観させていただく機会があったのですが、試合中にDJがフロアを回しているあの雰囲気がかっこよくて、せっかくならそういった楽曲を作ってみたいと思ったんです。そして、アーティスト活動の中でロックともう一つチャレンジしてきたものがラップだったのですが、「Loser」と「Buzzer Beater」ではその要素を入れていただきました。「Loser」はオフェンスを、「Buzzer Beater」はディフェンスをイメージした楽曲になっています。「Loser」は自分が歩んでいく上で挑む気持ち、「お前はLoserだ」と突きつけるような挑む姿勢を描いています。1対1のタイマンで「お前を倒すぞ」みたいな気持ちですね。ラップの部分だけでなく、BメロとCメロ、サビはメロディアスになっているので、今までの自分の楽曲をより攻撃的に発展させて作れたと思っています。ここまで攻めの姿勢で楽曲を作ったのは初めてなのですが、男の子らしい「負けねぇぞ!」みたいな強い気持ちを表現できるいい機会になりました。

ーーラップはもともと得意な分野なんですか?

内田:それが全然(笑)。ラップは声優とは真逆の表現なんです。声優は全ての言葉を立てるのが前提なのですが、ラップは全てを立てるんじゃなくて、どういう韻の踏み方をするかが大事だと感じていて。音を丁寧に置くだけじゃなくて、音を捨てて表現したりもしますし、言葉へのアプローチの仕方が違うんです。いつもの感覚で歌うと、ハキハキした滑舌のいい歌い方になってしまって。文章の中には立てどころがあって、日本語は流れとして上から落ちてくるんですね。でもラップのメロディーの中には下から上がるような流れが多少出てくるのですが、それをこの滑舌のままやっていくと非常に違和感があるんです。ここを変えるというのは、今まで声優としてやってきた技術的な部分と、この歌に対してこの言葉をどう立てていくかというアプローチとしてかなりの挑戦でしたね。

ーー面白いです。かなり分析されている。

内田:あまりしっくりこないという時に分析してしまいがちです(笑)。結果的にみなさんに気持ち良く聴いていただけるように、試行錯誤しました。音楽性、メッセージ性が立つ、楽曲が映えるアプローチを見つけていくのは大変でしたね。

ーーテレビ番組で早口言葉を披露している内田さんを観ていたのもあって、勝手にラップは得意なものだと思っていました。

内田:僕、リズム感がないんですよ。四分音符大好き人間なので、シンコペーションや裏拍などが入ってくると「あれ?」ってなってしまうんですよね(笑)。ラップは、リズムが小気味良くて、深いことを考えなくても気持ち良さを感じるといいますか、歯切れの良さで高揚感もあって聞き馴染みがいい。でも、実際には言葉を立てたり、捨てたりすることでリズムを作っていて、一朝一夕でできるものではないなと感じながらも、自分にできる手段を駆使して今回は歌っています。

ーー2月24日には1st LIVE TOURの追加公演としてパシフィコ横浜 国立大ホールにて『OVER THE HORIZON 〜&Over〜』が開催されます。改めて、ツアーを振り返るといかがでしたか?

内田:最初のライブツアーだったので、はじめましてという気持ちを持ってみなさんとお会いできたと思っています。こういう風にライブをやっていきますよというのを表現したいと思っていたので、「歌って踊ってパフォーマンスをする人」をテーマに今回は作らせていただきました。僕は三浦大知さんが大好きなのですが、歌って踊る姿は人に勇気や感動、高揚感を与えるものだと思っています。音楽は生で一緒に共有できるというのがいいところで、ライブはその最たるもの。今回のライブでは本当にたくさんの方にお越しいただけて、それだけの人数の方が内田雄馬のパフォーマンスを観て、共有して楽しんでくださるというのは、すごいことだなと思います。その場でしか感じられないエネルギーがたくさんありましたし、実際こうしたらもっと楽しめるかなという発見もありました。第一歩としては非常にいいライブが作れたんじゃないかなと思います。伝えたい気持ちも全部お届けできて、みなさんからもたくさん返していただけました。楽しかったなというのが一番ですね。

ーー追加公演はどういった内容になりそうですか?

内田:『OVER THE HORIZON』の集大成という形で制作させてもらおうと思っています。ツアーの東京公演の最後に「ピアノの弾き語りをします」ということをお話させていただいたのですが、とても緊張しています……(笑)。

ーー練習は順調ですか?

内田:現時点では全然思うように弾けないのですが、楽しいのでなんとかなると思います(笑)。どういう練習をしようかなどちゃんと考えて取り組んでいけば必ず結果は出ると、僕はそう思っているんです。それは実際に自分が経験してきて感じたことでもあって。お芝居の仕事でも悩みながら毎回の現場で試行錯誤を重ねていった結果、小さいけれどそれが身になったことがあったんです。「芝居とてもよかったです」という声もいただけて、頑張ってきたことが無駄じゃなかったんだって、教えていただきました。ピアノにチャレンジするということもそうで、練習をしたら、どんな形であれ必ず結果は出ると思うので、今は練習するのが楽しみです!

ーーその先の5月にはデビューから2周年を迎えます。

内田:デビューが3カ月前くらいじゃないかと思うほどに、あっという間過ぎてびっくりですね。アーティストデビューして本当によかったなと感じるのが、考え方が広がったことです。声優を続ける中でタイミングや縁があってデビューさせていただけることになったのですが、音楽活動をすることによって、僕だけのものではない“内田雄馬”という存在が見えるようになりました。アーティスト・内田雄馬と個人の内田雄馬は別の存在で、どうやってそれに対して向き合っていくかという目線を持ったことにより、役を演じる時も一歩俯瞰して見ることができるようになったんです。一歩俯瞰して見ることによって、いろいろな人の考えや思いを感じようと姿勢が変わってきました。たくさんの人とコミュニケーションを取って、様々な形や可能性を探っていこうと気持ちが変わっていったのは、僕にとって大きな変革でした。自分だけの視点ではなく、みんなでアーティスト・内田雄馬というものを作っていって、たくさんの人に挑戦を続ける姿をお届けできたらいいなと思っています。まずは日本全国、その先は海外の方にも届けていきたいというのが個人的な夢です。たくさんの方に聴いていただいて、挑戦して、前に進んで行く。好きなものに突き進んでいけばきっといい結果が生まれるんじゃないかと思っているので、その姿をよりたくさんの人に届けられるようにしていきたいですね。

ーー海外からのリアクションも内田さんには届いていますか?

内田:アジアだけでなく、いろいろなところから反響をいただくこともあります。アニメ文化を愛してくださっている海外の方々がたくさんいらっしゃるので、その方たちにも聴いていただけているのは嬉しいですね。言葉という壁を超えて届くのを実感させていただいていて、だからこそ、しっかりとイメージを持って海外の方にも届けていきたいですね。

ーー今は、NetflixやSpotifyといったストリーミングサービスを通してアニメ、アニメソングが届く時代ですもんね。

内田:そうですね。タイムレスに届けられるようになりました。アニメーションは日本の素晴らしい文化だと思うので、それを届けるためにも、内田雄馬をきっかけにアニメーションというものを好きになってもらえたら嬉しいです。日本のアニメがさらに盛り上がっていったらいいなと思うんですよね。

ーー最後に、アーティスト・内田雄馬が今見ているビジョン、より挑戦していきたいことを教えてください。

内田:アーティスト・内田雄馬として、第一歩を踏み出したばかりなのですが、ライブという一つの到達点、ゴールを迎えたということは、次へのスタートでもあると思うんです。次はどんなことをしようとか、また新たなことを考えていきたいと思っています。今は表に出て行って知ってもらいたい、アニメの文化を知ってもらいたいというのがあるので、いろいろなアーティストの方々と共演できるように頑張りたいなと思っています。垣根を超えて、男女問わず、いろんな世界の歌手の方と一緒に歌ったり、パフォーマンスをして、アーティスト・内田雄馬という存在を知ってもらって、そこからアニメーションという文化に触れていだたく。そんな風になれたらいいなと思っています。仲間が多いと楽しいので、そうやって楽しいことをする仲間を増やせるように、いろんなところに出て行くことができるように頑張っていきたいなと思っています。そのためには力が必要なので、常に努力を忘れずに、初心忘るべからずで頑張っていきたいです。

■リリース情報
『Over』
発売:2020年2月19日
<期間限定盤>DVD付
価格:¥1,800(税抜)
<通常盤>
価格:¥1,300(税抜)
【収録内容】
1. Over
2. Loser
3. Buzzer Beater
4. Over(off vocal ver.)
5. Loser (off vocal ver.)
6. Buzzer Beater (off vocal ver.)
【期間限定盤特典】
・「Over」MUSIC VIDEO
・MAKING
収録のDVD付き

オフィシャルサイト

内田雄馬 サイン入りチェキプレゼント 

応募方法 

リアルサウンドの公式Twitterと公式Instagramをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウント、もしくはInstagramアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド 公式Twitter
リアルサウンド 公式Instagram

<応募締切>
2020年3月8日(日)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる